Dear Friend,Gentle Heart
2012/1/13  もっと着てください!  職場のつれづれ

寒いね〜寒いね〜

って、同じセリフを毎日言ってる職場の女性たち。

コートの下は、みんな11月とほとんど変わらない服装です。
仕事中はコートは着ないから寒いに決まってるっつーの。

特にOちゃん、ひらひらスカートに、
いまどき、素足にサンダルばきといういで立ちです。
(ま、これが夏も冬もでありますが。)

来客もあるし、あまりにみっともないので、
以前思い切って「靴下ぐらいはいてくださいよ!」と言ったら、

「糖尿病だから、靴下ははかないように医者に言われてるの!」

怒られちゃった。

ボスもこの時節に、ワイシャツ姿で仕事。


さて、ごろ寝は、


タイツは山用の分厚いタイプか「サーモ」、ハイソックスに、
パンツ、レッグウォーマー(パンツの内側外側と2枚重ねのことも)
薄手のダウンジャケットまたはフリースパーカー。

だから職場でも、私はぜんぜん寒くない。
ゆえに、暖房、止める!

節電管理士(自称)は嫌われものです。

名女優キャサリン・ヘップバーンは、
いち早くパンツファッションを取り入れた女性だそうです。
「男勝り」「扱いにくい女」そう思われ、そう言われて、
世間からは非難ごうごう、一般男性のみならず、
監督や俳優からも敬遠されたといいます。しかし、

「こんなに寒いのに、男性は暖かいパンツをはいていて、
 どうして女性はスカートをはかなくちゃいけないの?!」

そういって、パンツをはき始めたキャサリンさん。
めっちゃ、かっこいい。

寒い寒いと言っているみなさん。

あなた方は、薄着なんですよ。

わかってください。
もっと着ましょう。
着れば暖かいんですよ。

あ、

メタボ糖尿の人は、早くメタボを解消して、
靴下はけるようになってくださいね。

職場で言えないので、ここでぼやきます。。。。





AutoPage最新お知らせ