Dear Friend,Gentle Heart
2012/3/29  帰国後所感  ゴタク

今回のバリ旅行で、
いままでと違った感じを受けたことがあったので、
書きます。

@ベッド。

CHEDIのベッドはでっかいダブルベッドです。
で、夜中に連れが寝がえり打つたびに、驚いて目が覚めた。
地震かと思っちゃって。
こんなことは初めて。
いや〜、しみついているなと。

前述しましたが、エグゼクティブシートでも全く眠らず、
さぞや爆睡と思っていたCHEDI第一夜、全く眠れなかった。
すごいもんですねえ、地震の恐怖。身体が反応しちゃう。
3日目になってやっと、朝まで熟睡することができました。

A少子高齢化日本。

バリではたくさんの子供たち、若い人たちを見かけました。

宗教上(ヒンズー)の理由か、伝統かわかりませんが、
バリでは、結婚したら女は絶対に男子を産まねばならない。
また、男子を産んでも、1人ッ子ではだめなんです。
だから、3人4人の子持ちはあたりまえ。

結局、そういう約束ごと(しきたり?)でもなければ、
子供なんて生みたくないっていうのが人類の本音なのか。

そんな若々しいバリから帰国した日、
都バスに乗ったら、バスの中じゅう、
ぎっちり年寄りばかりで、絶句した。

たまたまお彼岸だった、ということもあるのだろうが、
いやはや日本、ほんとに老人ばかりになった。
いまさらながらに気がついた。

・・・・まあ、わしとて57歳、若くはないわけで、
我々が本当によぼよぼになったとき、この国は。。。。。。。

どうなるの?

2012/3/28  限界  ゴタク

なにかあると、
「年だから」とか「そうそう、そういうお年ごろよね。」
っていうヤツ、いますよね?

それも、同い年のくせに、年下のくせに、なんだ、こいつ!?
って、思いません?

「もう若くないんだから無理しないでね。」

と、牡蠣にあたったときでさえ、言われましたよ。
同い年に。

牡蠣にあたるのと年はカンケーねーだろ!と。
子供は牡蠣に当たらないのか!てんですよ。

私は、決して、

自分を年とは思わないし、言わない。

身体の柔らかさだって、小学校の時よりずっと柔らかい。
(ものすごく身体の硬い子供だった。)
小中学校のときは、走るとすぐにおなかが痛くなって中途挫折、
いつも一番に手をあげて、ぜーぜー木陰で休憩していたが、
いまはスロージョギングで何キロも走れる。(今は走りがスローなため)
テニスだって、まあ、遅々としてではあるが、ほぼ上達の一途である。
脳だって、日に3度の物忘れなんのその、
まだまだキンダーブックよりずっと難しいマンガだって理解する。

「年だから」というセリフは、すごくよくないと思う。
人生にとって、マイナスな言葉だと思う。

特に私に対して、「年だから」というのはやめてほしい。
いったい何のために、その一言を言うのだ!?

世の人よ、「年だ」と言うのはやめなさい。
言うときはせめて、
「もう、57歳だ」とか「80歳だ」と年齢を明確にしなさい。

明確にしても私には言わないでください。
余計なお世話だ。

年は、自分でしみじみ感じるものですだ。。。。。

限界 2

最近ランニングにはまっているテニス仲間との会話。
彼女は、タイムに伸び悩んでいる。
先日ハーフマラソンに出場し、途中タイムで落とされたんだそうだ。
この友人は、「年だねえ」が得意のセリフだ。
まったく。若いとき、人一倍若かったのだろうか?

年齢も私よりずっと若く、
ランニングを始めてまだ1年くらいしか経ってないのに、

「やっぱり、限界はあるよねえ。」などと言う。

むかっとして私は言った。

そんなものは、ないっ!

そしたら、その場のみんなして大笑い、馬鹿にする。
私はムキになって言った。

限界なんかない!

努力すれば、ぜったいに前進するに決まっている。
限界がある、と思っているやつには、必ず限界があるだろう。
努力をやめれば、それが限界だ。

花粉症だってね、

どんなにくしゃみ鼻水真っ赤な目、声を枯らし、マスク離さず、
アレルギー用目薬を絶えずさしていてもです、本人が、
「私は花粉症じゃない!」といえば、花粉症じゃないのだ。
(注:下記の条件付
   @病院に行ったが、花粉症と診断されていない場合。
   A医者に宣告されても、私は違う!と認めなかった場合)

ちなみに私は、堂々、花粉症ですっ

うん、できた。

「花粉症認めたときに花粉症」ガンコ

「春先はくしゃみ鼻水なんだろう?」シラバックレ

「かゆいんです春はいつでも不思議です」ぶりっ子

「花粉症認めたくない意地っ張り」江戸っ子

あはは!なかなかいいね!

と、とにかく、人間に限界なんてないのだ。

だから、こうしてテニスだって続けられるのだ。

だいたい、

限界なんか、とっくに来ているのだ。

2012/3/27  CHEDIでまったり  旅行

旅行先は、3度目です、おなじみの
バリ島ウブド地区THE CHEDI CLUB AT TANAH GAJAH。

私は前回、前々回さんざん園内の写真を撮りましたので、掲載略。
YOUTUBEになかなかよい動画を見つけました。
こちら↓

http://www.youtube.com/watch?v=Q-qmbaGfUUw

あいにくのお天気続きで、やっぱり写真は最初のときが一番きれい。
前々回の写真はこのあたりに↓たくさんアップしてます。

http://navy.ap.teacup.com/margacchaman/576.html
http://navy.ap.teacup.com/margacchaman/575.html#readmore
http://navy.ap.teacup.com/margacchaman/578.html

午前中はテニス、そしてプール、午後はマッサージサービス、
散歩、まったりお茶、ぼお〜っと景色を眺める、本を読むなど、
この敷地からまったく出ませんでした。

下は、園内のココナツを収穫して売る業者さんだそうです。
木登り、ものすごく早いです。

クリックすると元のサイズで表示します

観光に興味なし!?
文化に興味なし!?
人々に興味なし!?

クリックすると元のサイズで表示します

なんつー人間でしょうか、ごろ寝は!?
そんなこっていいのか?!
まるでリタイヤした年寄りみたいじゃないですか?!
いやはや最悪ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、街へ出ると暑さと砂ぼこりでグッタリコなんです。
2人乗り3人乗りヘルメットなしの50CCバイクが、
車の脇をブンブンすり抜けるようにして、走り回っている。

あ、上のバイクの写真は空港の職員の方です。

なんやかや近寄って来る男ども、
みやげ物屋には定価が書いてないし、
大したものは売ってないし、
空港でもギャレリアでもいくらでも買えるものばかり。
露店の食べ物は口にしないように言われているしね。

しかし、
それでも見たい行ってみたい食べてみたいってのが、
若さなんだね、きっと。
やっぱり、歳とったんだな〜しみじみ。

クリックすると元のサイズで表示します

唯一、地元のスーパーにまた行ってみたかったけど、
現地の添乗員は男性なのでこちらの興味が理解できない。
残念でした。

今回は、9の我が家でなく(T_T)10のヴィラ。
ヴィラはふたり用でほとんど9と間取りも同じですが、
プール脇の扉がなくて、ちょっと閉塞感が。
田んぼが見渡せないのがちょー不満(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

テニス。

3日間ともテニスを2時間。
バリ・オープン(~~;

クリックすると元のサイズで表示します

とにかく胃がね〜、もう重くて苦しくて暑くてほんとに死んだ。
2ゲームやっては、休み、身体に力入らないし。
たいへんでした。
でもテニスやらないと、ほんとになんにも動かないから、
意地で(笑)がんばりました。

クリックすると元のサイズで表示します

5年前はあんなにきれいだったテニスコートが、
もうだいぶ傷んで、亀裂やカビもひどくかなり危ない感じに。
そろそろ整備してほしいなあ。

クリックすると元のサイズで表示します

最初の訪問のときにバトラーだった○ンタンさんと、感動の再会!
もう結婚して一時の母となり、事務室に勤務していた。
ちょっと太って、すっかり落ち着いた奥さんの感じに。
前回のバトラー○ィンダさんは、系列の別のホテルに転任。
そして、
今回のバトラーはすらりと長身のハンサム○トゥラさん。

最終日は、延長でゆっくりできたので、園内を案内してもらった。
これが最高に楽しかった。

クリックすると元のサイズで表示します

園内から、ホテルの脇道へ。

クリックすると元のサイズで表示します

普通の民家が並ぶ路地を歩く。

クリックすると元のサイズで表示します

孫が自慢なのね〜!人懐こい人々。

クリックすると元のサイズで表示します

愛らしい子供たち。

クリックすると元のサイズで表示します

鳥も犬も路地に放し飼い。

クリックすると元のサイズで表示します

ホテル玄関に近い川では、お母さんたちは洗濯、子供たちは水遊び、
髪を洗っている少女も。

クリックすると元のサイズで表示します

信心深いバリの人たち。
地域のお寺がたくさんあって、毎日のようにお参りする。

クリックすると元のサイズで表示します

あちこちの集会所は、お祭りの準備に追われていた。

クリックすると元のサイズで表示します

のんびりと(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

贅沢はないけど、みんな幸せそうだ。

クリックすると元のサイズで表示します

また、行きたい。




AutoPage最新お知らせ