Dear Friend,Gentle Heart
2012/7/10  プライベートレッスン第2弾  テニス

昨日アップのウィンブルドンのヒンギスの映像観ましたか?

画面いっぱいに拡大して観てもすご〜くきれいですよね。
テレビも真っ青、ほんとうに便利になりましたねえ。
これで何話しているか、字幕さえついていれば・・・・

どなたかさくっと訳して下さらんかなあ。。。。。

さて、

テニス。

スクールでまた個人レッスンウィークだったので、入ってみました。
前回はバックハンドストロークとサービスを少し習いました。
今回は、サービスの回転について学ぼうと思っていたのですが。


○重コーチのサービスレッスン

@ごろ寝のサービスの現状

ラケットもボールも低い位置から上げている。
トスを上げるとき頭が下がってしまう。
ラケットを低い位置から上げると、インパクトに間に合わない。
手首を使ってしまうのでトスが安定しない。
軸足(左足)が動いてしまう。
右肩がしっかり打球方向に出ていない。

A指導事項

グリップの確認。
グリップは、親指の付け根と人差指で支えるように握る。

構えで目標を決め、
そこから左足に体重を乗せてトスを上げ、ラケットを担ぐ。

頭は起こしておき、定めた目標から頭を動かさないでトスを上げること。

トスでは、左腕が左ほほに当たるぐらいしっかりを左腕を上げること。

左足にしっかり体重を乗せてないから安定せず、グラグラ動いてしまう。

しっかり膝を曲げ、トロフィポーズ、インパクトまで左手は降ろさない。

右手も構えから下へ降ろさないで肘を後ろに引くこと。

手首は柔らかく、ゆったりと引くこと。

また、打った後右足がピッチングの終わりのように残るとよい。

ファーストサーブのゆるいのがセカンドサーブではない。
セカンドサーブが進化したものがファーストサーブ。
セカンドをしっかり身につけ、必ず入るサーブにすれば、
ファーストサーブでエースを狙う冒険ができる。

今はボールの回転よりも、この基本のサービスでセンター、ワイドに
打ち分けられるように練習しよう。

というわけで、

まだ基本さえぜ〜んぜん出来ていなかったのでした〜(=_=;)とほほ




AutoPage最新お知らせ