Dear Friend,Gentle Heart
ショルダーや  テニス

「なるほど、ラケットというものは、
          こうやって振るものか」
                (「青が散る」より)

レッスンは、サブコーチならおなじみだけど、
メインコーチでははじめてのH岡コーチ。
サブでは、ミスも目だって、いまいちぱっとしないのだ。
でも今日は気合が入っていた。
ボレーのフォームが、とてもきれいで、よくわかる。

ごろ寝のフォアストローク。
少しづつ、理想に近づいている実感。(錯覚か)

でもまだまだ、打点が後ろ過ぎる。
それに強振に気が行って、ボール下を打ちにいくクセが。
ぜんぜん、錯覚じゃん!笑

いかん、いかん!
ボールに背中を見せるぐらい上半身をひねって、ため、
しっかりインパクトしたら、

人差し指から、払い上げろ!

フォアボレー。
右足で狙いを定める。
つまり、右足の土踏まず側を、狙う方向に垂直に出す。
ラケットは、高く構え、

インパクトで グッと、脇締め命!

レッスン前にS本コーチのサービスを盗み見。
ボール指さしの時、右半身完全に後ろ向きになってる。
インパクトでは、上半身完全に上向き
・・・・・・・・・・・・

「サーブ・イン・ショルダー、ボレー・イン・ショルダー、
 スピン・イン・ショルダー、スライス・イン・ショルダー、
 あの爺さんの口癖や」(「青が散る」より)

基本どおりに一所懸命練習して、覇道でなく王道で、
いつか、これをものにしたい。
ワタシの理想は、屋根より高い




この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ