Dear Friend,Gentle Heart
華麗なる一族  テレビ/映画

関西財閥万俵一族の嫉妬と欲望渦巻くドラマ、
「華麗なる一族」が数十年ぶりにリメイク。

かつて、毎週画面を食い入るように見ていた、
ごろ寝のお目当ては、高須相子役小川真由美でした。
いい女だったなあ!

前回の「華麗なる一族」は、
そもそも小川真由美が主人公みたいなもので、
彼女の代表作のひとつだと認識しております。
(ちがうか・・・・)

そういうわけで、
ほとんど小川真由美しか見ていなかったので、
ストーリーをほとんど覚えていない。
法定場面なんて、あったかしら・・・・??

鈴木京香の相子もいいねえ!
映画では、「大」京マチ子。
たしかにはまりだけど、ちょっと歳が行き過ぎ。

鉄平は、若き加山雄三、
これが凛々しく爽やかでね、とてもよかった!

ちなみに、映画の鉄平役は仲代達也で、
仲代嫌いのごろ寝は、仲代好きの芝居仲間と、
加山のがいい!いや仲代だってね、
怒鳴りあいの激論になったものだった。(^^;

美馬の役は、もうこの人しかいない、佐藤慶さま。
佐藤慶と小川真由美の絡みなんて、もう・・・
ゾクゾクし通し〜!(笑)

万俵大介役は、温厚な役どころの多かった山村総で、
ちなみに映画は「大」佐分利信だったから、
映画に軍配。

そして、どうしても忘れられないのは、
映画で、美馬中役をやった田宮二郎です。

本当は、鉄平役をやりたかったという田宮二郎。
自殺をしたのはご存知の方も多いでしょう。

自殺の仕方が、鉄平と同じ、猟銃だった。
(あ、言っちゃったけど、いいかな・・・)

亡くなる少し前に、テレビ局の新番組紹介
バラエティに出ていた田宮二郎を見ました。

たしかGメンもの?の連続ドラマ主演てことで、
ほかのキャストといっしょに登場しました。
ところが、ドラマ紹介の映像に、例のごとく、
オチをつけてギャグにされてしまって、
「な、なんなんだ!?これは?!」って。
周囲も司会者もゲラゲラ笑っているのに、
まったくついていけない様子で、気の毒だった。
かなり様子がへんだったね・・・・・
忘れられません。

さて、今回のドラマは、「キムタク若ァ」の物語り、
いよいよ佳境に入ってます。

きっと音楽もすばらしいのではないかしら・・・
音楽と無縁になって、
ドラマの臨場感、ほんとに激減なのよ。

それでも、とっても楽しみです〜。




この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ