Dear Friend,Gentle Heart
敗戦の自覚  つれづれ日記

昨日の朝、
テレビで、何気なく見たコマーシャル。

「人は勝ったり負けたりして生きている。」

横目で見ながら、味噌汁を飲む。
(???なんのコマーシャルだ?)
おお、今朝はシジミ汁だね。

「人は勝ったり負けたりして生きている。」

ははは、そうだな。ふうふう
そうじゃないか、なぜ認めなかったんだろう?
くあ〜、うまっ

辞職したということは、負けたって事だ。
尻尾巻いて退散ってことだよな。
ぽりぽり

「人は勝ったり負けたりして生きている。」

たしかに負けて逃げるのは恥ずかしい。
みっともない。情けない。ふがいない。みじめ。
しかし、負けたものはしかたがないじゃないか。

「人は勝ったり負けたりして生きている。」

売られたけんかに負けたのだ。
なんとか買わずに、いなそうとしたんだけど。
とにかく権力に、ワタシは負けたのだ。
素直に負けを認めなくっちゃ、ね。
そう思ったら、心が晴れた。
もうどこで「勝者」と出会っても大丈夫、(笑)
にこやかに挨拶できるわ・・・・

と、突如トラウマ?を脱出したのだが、

今日、日本語字幕付「西遊記」を見に行って、
クライマックスの三蔵法師のセリフに、が〜ん!

「負けるのは恥ずかしいことではありません。
負けて失うものは何もありません。
しかし、戦わずに逃げることは失うことです。」
このとき三蔵、大迫力のどアップ!

ううう〜たしかに、お上人様・・・・・とほほ。

何を失うのか。
知れたことよ、自分の「誇り」でありましょう。

しかし、ワタシは4年以上戦い、疲弊し、撤退した。
もうすでについ昨日(笑)負けを認めたのだ。
(時間差!あぶねえ〜)
ワタシに怖いものはないぞ(笑)ヤケクソかい

振り返ってみても、失ったものといえば、
そうねえ、年収の3分の1だけだ。

あはあはあはあは!




この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ