Dear Friend,Gentle Heart
2009/8/12  聖書講話を読む  読書

地球を救え、温暖化を防ごう!

かまびすしい。

「地球に優しい、って言ったって、

 しょせんやさしくいじめているにすぎないじゃないか。」

と看破したのは、たしか、タケシだった。

わざわざ破滅を促進するアホにはなりたくないので、

ゴミだしやら、冷房の管理やら、まめまめしい昨今。

         

かつて、環境破壊と経済成長は、切っても切れない間柄。

CO2の排出額の高さが、そのまま経済成長率でした。

しかしながら、

いまや環境や介護など生産的でない仕事を促進しながら、

なおかつ、経済成長、いわんや雇用促進せねばならないのです。

これって、パラドックス?!

このパラドックスを解消するにはいったいどうしたらいいのか。


思えば、日本の重工業〜自動車産業はすごかった。

ここへきて、いかな無知蒙昧なごろ寝も、

それら外需産業が担ってきた膨大な恩恵に敬意を表したくなった。

外貨なくしては、食料もエネルギーも買えない日本。

しかし、磐石と思われたその夢も、いつしか儚く散ったのだ。

          

どうも地球は、ハリウッド映画のように一気に破滅に向かわず、
あちらがボロリ、こっちへビリリと、
崩れて、割れて、朽ちて、滅びていくようだ。

人は、何を、どこを目指せばいいのか。

『いのちの光』682号信仰講話

いつになくまじめな話ですみません。。。。。


2009/8/3  しゃばけ  読書

Tちゃんちにころがっていた文庫本。

ふと、手に取りました。

「しゃばけ」

クリックすると元のサイズで表示します

これ、以前にテレビでNEWSの手越くんが、
ナヨナヨの若だんなやってたアレかしら?
ちらっと横目で見たきりだったけど。。。。

読み始めたら、なかなか笑える。

主人公が、今までにないひ弱なタイプで、面白い。
タッタカタッタカ読み進み、ついでにDVDも鑑賞。

クリックすると元のサイズで表示します

手越くんが、むちゃくちゃはまってます〜
「行ってQ」では、なかなかの元気振りを発揮していますが、
この子、ほんとにかわいくて、女の子みたいですねえ!

仁吉役は、谷原章介さんで、ごろ寝のイメージずばり的中!
佐助役は、阿部ひろしさんと決めていたが、ハズレ〜(笑)

しゃばけ−フジテレビ
http://wwwz.fujitv.co.jp/shabake/index.html

ネットで検索したら、すでにシリーズがたくさん出てるのね。

しゃばけ倶楽部
http://www.shinchosha.co.jp/shabake/

夏の夜にぴったりの楽しい読み物です。

2009/7/28  小説「町長選挙」  読書

奥田秀朗の伊良部一郎シリーズをご存知でしょうか。
以前、「イン・ザ・プール」をここでご紹介したかと思いますが。

ナニイマゴロイッテンダイッ!

スミマセン、つい最近読んだんです。

いい年して、甘えん坊、だらしなくて調子に乗りやすく、
ところが存外、腕は確か?な精神科医です。

今のところ、文庫3冊出ておりますが、かなり笑えます。

最近、3冊目の「町長選挙」をブックオフで見つけて、
いや〜久々にガハガハ笑いました。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな精神科医なら、私もなりた〜い?!
小説のキャラがいかにのびのび生き生きしているか、
これはごろ寝にとって、もっとも大切な問題なわけです。
伊良部先生、私の大好きなキャラでございます。

前作同様こちらも短編集でして、
標題の前の3つの作品がごろ寝には、めちゃ受け。
どれも、ボンクラ物知らずな私でさえ、
「ああ、この人は!?」とひと目でわかる著名人を
モデルにしていまして、人目はばからず爆笑。

しかして、その読後のなんとさわやかなことでしょう。

暑苦しい夏の夜、
想像するだけで暑苦しい見た目の伊良部先生のブイサインに、
あなたはきっとご満足することと思います。

おすすめ。


モデルのご本人たちは、読んだのか、気になります。





AutoPage最新お知らせ