Dear Friend,Gentle Heart
2010/9/10  テニスの名著  読書

入院のお見舞いにチームメイトからもらったこの本、
ブラッドギルバート著「ウィニングアグリー読めばテニスが強くなる」

さっき、ジンタくんのHPに行ったら、ジンタくんも読み始めたと!
http://blog.livedoor.jp/jinta2tennis_champ/archives/52370218.html


いや〜、うれしいな、なんという奇遇だろ。

ごろ寝も毎晩、読んでますのよ。
内容もいいが、なにより、オモシロイ。
1ページに1回は「ガハハッ!」と笑える。

できるだけボールを早く見ろ!
バウンドする前に、ネットを超える前に、相手が打つ前に、
もう、缶に入った状態から見つめたほうがいいくらいだ。

とか(^▽^)あはは!

ネットへ出ろ!
ネットへ出れば、相手がびっくりする。びっくりしてミスする。
ラケットを持っていなくても大丈夫なくらいだ。
しかし、念のためラケットは持って行ったほうがいい。

とか(^▽^)あ〜ははは!


ま、どんな名著でも、読み方と読む人によるってことですかね。。。。。。

2010/8/27  藤田まことの本「最期」  読書

昨日、なにげにYahooニュース欄を見ていたら、

加藤清四郎くんが、主演する「忍たま乱太郎」撮影中。
http://www.nikkansports.com/entertainment/cinema/news/p-et-tp1-20100824-669539.html

大好きです。たはは!

都営バス車内に、清四郎くんのポスターが貼ってありまして。

「おじいちゃんおばちゃん、目立つ服着て歩いてね!」
みたいな(笑)

いつも、それをにやけて見つめては、
「はいっ!おばちゃん、気をつけますよ!」と心で呟いてる(笑)

おばちゃん、忍たま、観るね!字幕付けてくださいね!

そして、

SMAP稲垣吾郎(36)映画「十三人の刺客」完成。
http://www.nikkansports.com/entertainment/cinema/news/p-et-tp1-20100818-667184.html

なんか最近ちょい影の薄い?吾郎ちゃん、悪役でがんばってた!
ゴロー、ぜったい観るわよ!字幕つけてね〜!

◆「最期」藤田まこと著

本屋で目に付いたこの本、ちょっとページを繰ったら、
まず、戦死したお兄さんの話から始まっていて、
もう釘づけになってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

ふと気が付いたら、半分近くも読んでしまい
やめられない止まらない、それに申し訳ない!ので購入。

面白かった。

生まれから、闇市、キャバレー回りに、ドサ回り。
必殺の主人役は、撮影1週間前にオファーが来たそうだ。
だれも、やり手がなくて。
撮影に入ったら、凝りに凝りまくった監督のやり放題!
だから、後世に残るってもんですよ。

遊びのほうも、なかなかだった藤田まこと。
昔の遊びったら、飲む打つ買うですかね。
男ってなあ、粋に遊ぶ、ってことも大事なんですねえ。
藤田まことが目にした遊びにたけた粋な皆さん。
藤山寛美に南都雄二、そして勝新太郎。。。。。。。
たしかに、かっこいいわ!
でも、やっぱり、可笑しいわ!(笑)

語り口が実にうまいので、なんか、
カウンターでいっしょに飲んで話をしてもらっているみたい。

食えない苦労も、バブルの崩壊で借金地獄もあったが、
やっぱり来し方振り返れば、自分は幸せだったと思うし、
若い身空で戦地に行き、帰らぬ人となったお兄さんが、
不憫でならないんでしょうね。
だから、せめて、自分の本にお兄さんの生きた証を、
留めようと、思ったのだと思います。

ああ、「必殺」字幕付きが観たい!


2009/11/4  そうだったのか、やっぱりね。  読書

ツチケンことお茶大教授土屋賢二の本は、じつに、
ためになるものが多い。

会議、授業(仕事)などのめんどうをいかに回避し、
正当化するか、ほとんどの話題はそれにつきるが、
中でもこの本は秀逸である。

クリックすると元のサイズで表示します

なんとなれば、こちら珍しく対談集で、
ツチケン以外の人間もしゃべっているからです。

小気味よい皮肉の応酬は、場所柄をわきまえず笑える。
相当、笑える。1分間に1度は笑える。すばらしい。

そして、対談のお相手はといえば、
世界的な学者、著名人を求め八方手を尽くしたようで、
たいへん幅広く、著者の身近な人ばかりを集めている。
感心した。

購入して、すぐにページを繰ってみて、驚いた。

最初の対談相手は、
大手化粧品会社で研究に従事していたという、
某科学者である。
その博士様に、ツチケンが噛み付いているのである。

いいぞ、ツチケン!ごろ寝の味方っ!

なるほど、化粧品に効果があってはいけないのだ。
だから、どの化粧品もまったくシミに効果がないのだ。
目の前の靄が、すっきりと晴れた気がした。

以前、俳優の黒沢敏男が、どこかのテレビ番組で、

「シミの原因は紫外線じゃないよ!だって俺なんか、
 年がら年中、なんにもしないで日に当たってるもん!」

と、コメントして、周りを凍りつかせていたが、

そうだったのか、やっぱりね。

これは、広告業を含めて、そのギョーカイのタブーなのだ。

え?なんだかわからない?
ま、興味のある方は、自分で読んでみてください。
とにかく笑えるから。





AutoPage最新お知らせ