Dear Friend,Gentle Heart
2011/4/18  浅草・浅草寺「大絵馬寺宝展と庭園拝観」  芸術

毎週土曜日朝7時55分から1時間半、私はテニスのレッスンです。

金曜日の夕方から、すでにイメトレに励み、素振りなどして、
完全にハイになっているぐらいなので、
いざレッスン中のテンションたるや、我ながらまさに異常で、
富士の峰より、月より高くなっております。

そのせいでしょう。

楽しいレッスンが終わり、
そのハイテンションが収まった2時間後、
体力がサ〜ッと「ゼロ」までダウン
身体も頭も重くなって、ひたすらだるく眠くなるのです。
そうしては、
楽しい週末の2日間が絶不調のまま終わっちゃうことが多い。
この半年、いやここ1年、いやいやそれ以上ですな。

これってレッスンのせいだ、と、うすうす感づいてはいたのですが、
認めたくなかった。
だって、やじゃないですか、そんなの。
年だからとか、言うでしょ、みんな?!
年だからじゃないって、絶対!
み〜んな言うんだよ!やり過ぎだとか、無理するなとかさ。

   

先週は、土曜午後、
思い切って「Bディ・ファクトリー」というマッサージに行った。
ここ、前にも行ったことがあって、よかったんで。

で、50分もんでもらったら、あ〜らま、スッキリ復活。

やはり、テニスの疲れだったんですよね〜年じゃなくてよ(笑)
これから、毎週もんでもらうか。
って、レッスンより高額ですよっ

そんなこんなで、
翌日日曜日も目覚めからスッキリだったので、久々に元気に外出。

浅草・浅草寺の「大絵馬寺宝展と庭園拝観」展に行ってきました。
http://blog.asakusa.bz/?eid=176

大絵馬ってぐらいですから、どんぐらいかしらって思ったら、
2メートル3メートル級のどでかい絵馬までありました。
まるで壁です、壁!
題材も歴史絵、武者絵、相撲絵、昔話から、能、歌舞伎などいろいろで、
圧巻。
幕末三舟の書だとか、等身大の神馬もあって、すばらしかったです。

二代将軍秀忠と三代将軍家光の送った彫金の1対の神馬の絵馬は、
大きさは80センチくらい、家光のほうが一回り小さいサイズで、
やっぱりご先代秀忠に遠慮したのかなあ、なんて想像したりして。
綱吉の描いた掛け軸、これがねえ、繊細でやさしいタッチ!
びっくり!あの、お犬様の、ショーケンの(笑)、綱吉ですよ!
ショーケンも絵はうまいけどね。

なんつーか、浅草寺ってごろ寝にとっては、そこいらの遊び場感覚
だったんですけど、こうして見ると、名刹だったんですね(^^;
あらためて恐れ入りました。

お庭はいつもは入れないんですが、特別公開、これまた、
え?東京?てな感じで、こんなに緑があったんですねえ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

お庭から見上げた五重塔。京都みたい。
クリックすると元のサイズで表示します

震災後、観光客が減ったと言われているとおり、
やっぱり外人さんは少なかったですね。

お昼は、有名なD黒屋の天丼を賞味、
久しぶり〜、味が濃いけど後引くの(^^)

まだまだ、有り余る元気、この後、叔母を見舞い、
映画「英国王のスピーチ」まで観たのでありました。

2010/10/14  突然ですが、書道の話題  芸術

みなさん、こんにちは!
お元気ですか?
お風邪など召してはいらっしゃいませんか。

私は、最近、毎夜1枚か2枚、書道の練習をしております。

この連休に長野県佐久平に行きました。

比田井天来(ひだいてんらい)という書家をご存知でしょうか。

私、まったく知りませんでしたが、名だたる大書家でありました。

こちらご覧ください。

書道出版-天来書院
http://www.shodo.co.jp/tenrai/tenrai/tenrai02.html

新幹線で佐久平駅に降りましたら、
「現代書道の父 比田井天来」という字が、ばっと目に入りまして、
「なに、この人?有名なの?ぜひ行きたい!」
と友人に駄々をこねまして、寄ってもらいました。

クリックすると元のサイズで表示します

佐久市立近代美術館HP
http://www.city.saku.nagano.jp/system_shisetu/museum/exhibition/%2710_03/%2710_03.htm

古典を学ぶのは大事(臨書)
   しかし、決してまねてはいけない。


その勢い、その迫力、崇高なる理想と志。
それを受け取った、つもりであります(^▽^;ゞ
しかし、ごろ寝、マネっこ得意なんだよね・・・・・

佐久には記念館もあるんですね、今度は行ってみたいな。

天来記念館
http://www.city.saku.nagano.jp/kankou/shinaimeguri/mochiduki.htm

2008/2/24  藝大卒展  芸術

高校時代の同級生の娘が、
作品を出展しているというので、
上野の山へ東京藝術大学の卒業展を見に行く。

作品は、
都美術館と芸大構内に分けて展示されており、
お目当ての作品を探すのに、
都美術館と芸大構内を行ったりきたり、
うろうろと1時間以上かかってしまった。
前もって展示場所を聞いておくのだった。

へとへとになって、やっとたどり着いたら、
その作品の前に、友人ソックリの、
かわいい女の子が!
友達と写真を撮ったり、コロコロ笑ったり・・・・・

作品も美しいけど、娘もすばらしい。

彼女の作品はベッドカバー、
女性らしくロマンティックで、
とても美しい作品。

     クリックすると元のサイズで表示します

ケータイ写真で申し訳ない!
カメラに入りきらないし、
第一美しく見えないですね(泣)

真っ白に輝くサテンに刺繍やクレヨンで、
ガチョウが描いてある。
大きなガチョウも、周りの小さなガチョウもみな、
ポロポロと宝石のような涙を流しています。

難解な作品でなくて、ほっ

こんなベッドで眠ったら、
昨日の憂鬱もさっぱりと、
消え去ってしまいそうですな。。。。。。。





AutoPage最新お知らせ