Dear Friend,Gentle Heart
2012/5/1  連想  ゴタク

テレビのCMで、エプロン姿の八代亜起が歌っている。

替え歌かと思っていたら、オリジナル曲らしい。

八代亜起といえば、

彼女を初めてみたのは、NTV「全日本歌謡選手権」。
魅力的なハスキーボイスで10 週勝ち抜きチャンピオンとなった。
スタイルも黒のセーターに黒のパンツでモノセックス風、
往年の丸山明宏を思わせる出で立ちでかっこよかった。

特に思い出に残っている歌唱は、アダモの「雪が降る」。

いや〜、もうね仰天よ、仰天。
素晴らしかった。アダモより素晴らしかった。

それなのに

デビューがド演歌って。

なんで?
衣装も、派手派手なロングドレス。。。。。
マジがっかりしたんだよなあ。

どうして演歌?あの美声でなぜ演歌?!

しかし、

演歌だからこそ大成功したんだよな。。。

何かの番組で、演歌大嫌いの美輪明宏が、
同じく演歌大嫌いの淡谷のり子とふたりで、
演歌の悪口を言いあっていた思い出話をしていた。。。。

「ああ〜、くっら〜い!演歌こさいやだ!
 音楽もないくっら〜い店で、
 黙〜って口もろくに利かない暗〜い女と
 ぬる〜い酒でスルメ食って、あんだ、どっこが楽しいのっ」

「舟歌」だよ〜
あはあはあはあは!淡谷さん最高〜!

♪お酒はぬるめの燗が言い
  肴はあぶったイカでいい
   女は無口が方がいい
    ときどき灯りがともりゃいい〜

♪シミジミ飲めば〜しみじみとお〜おお・・・・

あのガスのCMを見るたびに、
毎回この連想を繰り返してしまい、
仰天したり、
がっかりしたり、
大笑いした末に、
この歌を口ずさむ。

毎回毎回、脳内はこのフルコース。。。。

ちょっと、違うこと考えなくちゃ。

2012/4/1  神さまは罰など与えません  ゴタク

3月28日の拙ブログ「限界」において、
「トシだよねえ。」が口癖の友人ミッスイー・ママレードが、
たまたまブログを覗いてくれまして。

「トシだよね、ってワタシそんなに言ってるかしら?」

ふうむ、自覚はないようです。
「どっこいしょ」とか、「疲れた〜」ぐらいな感覚なのだろうか。

高校のとき、講義の間に「ねっ?!」を多発する先生がおり、
一度試しに数えてみたら、1分間に52回も言っていた。
それと同じなのだろうか。(それほど多発しないが。)

ごろ寝はその言葉を言う言わないですごく拘るのに、
彼女は、特に意識もなく使っているのだ。

これじゃいったいどっちのほうが年にこだわっているのか、
わからないじゃないですか。

ま、それはともかく、

本人より以下の苦情をいただきました。

@マラソンは始めてからすでに2年半である。

Aハーフマラソンで撤退命令(区間タイムを切れなかった)だったのは、
 「貧血」のだめだった。大会の後の検診で貧血が判明したのだ。
 そのために最近タイムが伸びなかったのだ、と納得した、
 と話したじゃないの。

とお叱りを受けましたので、ここに訂正してお詫び申し上げます。

どうして、久々に拙ブログを覗いたのかと察するに、

25日にいっしょにテニスしまして、
面白おかしく私のカキ当たりの話をしたのですが、
そのあと、この親友はあろうことか、
神楽坂某店にて勧められるまま、生ガキ!!を食べ、
ごろ寝同様に当たって苦しんだ!からではないかと思います。

しかしさ〜、なにか、

さすが我が友!!(^^;

いやだめだめ、アカンアカン!

みなさん、カキは2月までよ!もうやめてよ!ダメよ!

言ったじゃないか、我が友よ。
学べよ〜!(^^;ゞ

ね、3月になったら、どんなに立派なお店で、
「いい牡蠣が手に入りましたので」と勧められても、
不退転の決意をもって断固「NO!」カキは断りましょう。
大いなる勇気をもって「カキはNO!」あきらめましょ。

さて、

ミッスイー・ママレード、

「カキに当たったのは、 
 こないだごろちゃんをさんざん笑った罰(バチ)かしら?」

って、つがうだろ。

だから、この時節にカキを食べたからだろつーの。

神さまは、人間に罰など当てません。

しかし、
「罰あたりな人間」は今も昔もこの世に蔓延っております。

ごろ寝も罰あたりな言動だけは慎みたいと、
常々思ってはいるのですが(^.^;

2012/3/29  帰国後所感  ゴタク

今回のバリ旅行で、
いままでと違った感じを受けたことがあったので、
書きます。

@ベッド。

CHEDIのベッドはでっかいダブルベッドです。
で、夜中に連れが寝がえり打つたびに、驚いて目が覚めた。
地震かと思っちゃって。
こんなことは初めて。
いや〜、しみついているなと。

前述しましたが、エグゼクティブシートでも全く眠らず、
さぞや爆睡と思っていたCHEDI第一夜、全く眠れなかった。
すごいもんですねえ、地震の恐怖。身体が反応しちゃう。
3日目になってやっと、朝まで熟睡することができました。

A少子高齢化日本。

バリではたくさんの子供たち、若い人たちを見かけました。

宗教上(ヒンズー)の理由か、伝統かわかりませんが、
バリでは、結婚したら女は絶対に男子を産まねばならない。
また、男子を産んでも、1人ッ子ではだめなんです。
だから、3人4人の子持ちはあたりまえ。

結局、そういう約束ごと(しきたり?)でもなければ、
子供なんて生みたくないっていうのが人類の本音なのか。

そんな若々しいバリから帰国した日、
都バスに乗ったら、バスの中じゅう、
ぎっちり年寄りばかりで、絶句した。

たまたまお彼岸だった、ということもあるのだろうが、
いやはや日本、ほんとに老人ばかりになった。
いまさらながらに気がついた。

・・・・まあ、わしとて57歳、若くはないわけで、
我々が本当によぼよぼになったとき、この国は。。。。。。。

どうなるの?




AutoPage最新お知らせ