もうすぐひなまつり  

「reinさーん」、Yさんが手を振っていた。
よーくみるとおいでおいでをしている。
「おひなさま飾ったから家に寄って」
「ん?」
「ほら、折ったのいただいたでしょ?」
「ああ、エッ?そんな、ずいぶん前にあげたんじゃなかった?」
「そうよ、毎年飾ってるのよ。玄関にあるから見ていってよ」

せっかくだから見せてもらった。
屏風を立てて毛氈を敷いて飾られていた。
シアワセなおひなさま。
何年も飾ってくれているなんてうれしい!

そう、私は毎年この季節はおひなさまを折っていた。
でも今年はさくら展の準備ですっかり忘れていた。
ひなまつりより桜だ、と。

反省して今日は一組だけ折った。
折るのにだいたい30分近くかかる。
江戸時代から伝承されているという折り雛なのだ。
折り紙を5〜6枚重ねて切り込みを入れながら折る。
ゴミは一切出ない。
顔も切込みを入れて折って挟み込んで…という具合に折り上げていく。

あまりよくない出来ですが、とりいそぎ画像でご鑑賞ください。

クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ