るるぶ練馬区第2弾!  るるぶ

いよいよ本欄で紹介できるときがやって来ました。
「知らないと損をする…」るるぶ練馬区第2弾をゲット。

クリックすると元のサイズで表示します

街の本屋さんにはるるぶ練馬区の旗がはためいていましたよ。
ねりコレ一覧でライン工房の「学園桜染シリーズ」も掲載され、大泉学園町商店会の大きなマップや、親しくしている「だいこんブラス」さんも登場。

第2弾ではアニメフェスティバルにようやくスポットが当たりました。
実行委員の一人としてうれしく思っています。

なんてったって大泉は「アニメ発祥の地」ですもん!!

松本零士先生も「地元のためならなんでもする」とおっしゃっているので、アニメで街がパーッと明るく活気づくといいですよね。
ミュージアムができたり、キャラクターの銅像が建ったり、展覧会が開かれたり、アニメソングのコンサートが開かれたり…。
一部の人たちだけでなく、一般の人たちが企画にどんどん参入するようになれば盛り上がっていくはずです。
意識を喚起することが大事。

プチぶんか村が提案して始まったアニメ菓子の開発により、実行委員会のお菓子マップ作りが定着しました。
まずはお菓子屋さんの目が開いたので、次はどんな方々を動員すればいいのかな。
音楽家、手工芸家、作家、漫画家…レストランなどもいいですね。

街が楽しくなることを願わずにいられないreinです。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ