桜の街のさくら展進行状況  さくら

材料を買い足しにDIYの店へ。
パネルを選んでいます。
クリックすると元のサイズで表示します

次に、木片で桜を作ってもらうために「こぶしの森」へ。
クリックすると元のサイズで表示します
ここは障害を持った人たちが社会参加するために陶芸や木工などの制作活動をしているところです。

発注していた桜の見本ができました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
それをもって本多の集会所へ。
もっとたくさん注文しようということになって…。

さて、きょうの作業から。
前回作ったパネルに桜のモチーフを貼り付けています。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

まだ桜が足りないとカッターで切り抜く。
クリックすると元のサイズで表示します

夏、秋、冬の季節をどうするかが重要課題でしたが、
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
冬を除いてなんとか形になってきました。

共同作業はおもしろい。
それぞれが得意分野を担当してがんばっています。
細かい作業は宿題になりました。
0

rein(ライン)とは  

どうして“rein”なの?
と質問されることが多いのでお答え申し上げます。

雨“rain”ではありません。
ライン川“Rhein”とも違います。

reinとは亡父の形容詞。
生前父の周りでこの言葉が飛び交っていたそうですが、
そのことは亡くなって初めて知りました。

ドイツ語で「純粋な」「混じりけのない」「澄んだ」 「透明な」「きれいな」「清潔な」「きちんとした」といった意味です。
英語ではpure clean perfect…
確かに的をついてるなと思います。

父の遺言と心して、今ではreinが私の生活信条となっています。

クリックすると元のサイズで表示します
前列中央が父です。(昭和27年頃)
0

夕景  

クリックすると元のサイズで表示します

ベランダからの風景です。
昨日の夜の雲とよく似た夕焼け雲。
0




AutoPage最新お知らせ