大吾の爾比久良  おいしいもの

いうまでもなく有名なお菓子なのですが、けさ山形からお礼の電話が。
先日の山形行きでお世話になった方にちょっとだけ送ったのを、「このお菓子知ってるよ」とその息子さんから。
さもありナン、爾比久良(にいくら)は週刊朝日、朝日新聞、文芸春秋はじめ多くの全国紙(誌)で紹介されているんですから。
有名なお菓子になりました。
以前は整理券をもらうために並び、整理券をもって買いに行ってもまた並ぶという半日がかりじゃないと手に入らない幻の銘菓でした。
いまも人気で、店内にはお客様が絶えることがありません。

その大吾は拙宅から歩いて5分のところにあり、社長さんとも知り合いです。
ぶんか村の強力なサポーターでもあります。
http://www.wagashi-daigo.co.jp/

私の企画する展覧会には必ず出展してくださいますし、いつもすばらしい技術を見せていただいています。

さて、爾比久良とはこんなお菓子です。
クリックすると元のサイズで表示します
(大吾のホームページから)

おいしそうでしょう?
たしかにおいしいんです。
これからの季節は冷やしていただくとさらにおいしいです。

山形からお礼の電話が来るほど喜んでいただけてよかったワ。
また送っちゃおうかな。
0




AutoPage最新お知らせ