タイサンボク  樹木・花

6・7月号の配布が完了した。
ご苦労様でした!と自分に言おう。

きょうは練馬方面へ行ったのだが(運転は結構きついっす)、区役所裏の複雑な一通を逆送して、おじいさんに怒鳴られた。
けたたましい怒鳴り方。
わざとじゃないのに。

数日前はほんの2分ほどの停車をこれまたおじいさんにガンガンなじられ、もう大変!
目くじら立てることが生きがいのようだ。
どうしてこんなに責め立てる世の中になってしまったんだろう。

こういうことがたびたびあるから、できる限りコインパーキングを利用するようにしているが、どこにでもあるってわけじゃないから、たまには路上駐車を余儀なくされる。
駐車といったって走って置いてくるほんの1、2分。

許してくれよー、これくらい。

いったん自宅に戻ってからは徒歩に切り替えた。
そしたら帰りにタイサンボクを見かけた。もう少しで全開しそうだ。
クリックすると元のサイズで表示します

栗の花も咲いていた。
クリックすると元のサイズで表示します

石榴の花の季節でもある。

家に着くとバラが迎えてくれた。
クリックすると元のサイズで表示します
0

思わぬ励まし  

和光市中央公民館で湧き水の会を主宰しているTさんとバッタリ。
ずいぶんご無沙汰してしまったので近況を報告しあっていると、そこへ妙齢なるご婦人が登場。
スラリとした透き通るような肌の美人。
Wさんと紹介される。
「さて、お昼でも食べに行かない?」ということになりご一緒させていただくことに。

実は昨日、マックに寄ろうとして大失敗。
和光のマックは254沿いにあるので旧道へまわり、店に入ろうとしたらなんとなく趣が違う。
でも、こんなマック店もあるのねーと何も考えずに入店。

すると、そこはデニーズだった!!

店の印が必要な駐車券だったので、お姉さんに「お店間違えちゃいました」と詫びる。
ウエイトレスが4、5人集まってきた。
「マックと間違えた」と正直にいうと「あら、やだ」という風に肩をポンとたたかれた。
みんなニッコニコ笑ってた。
「今度食べにきますから許してねー」とあわてて店を出た。

そそっかしいにもほどがある。
ま、そのままデニーズでとも思わないでもなかったが、一人外食はあまり得意じゃないから。

デニーズのお姉さんにマックの場所を教えてもらったが、行かずに中央公民館へ。
そしてTさんやWさんに会ったのだ。

結局和風ファミレスで昼食となった。

「ぶんか村はいつもN洋菓子店とか郵便局でもらって見てるのよ。ないときはがっかり」とWさん。
「読んでて学園町って文化的な街なんだなあっていつも思うの」
「ステキな街だから住みたくなっちゃう」
「ぶんか村は読み応えがあって大好きよ」
「いいなあと思っててもこうした声は編集者には届きにくいかもね。でも隠れファンはいるんですからね」

「何のために、だれのためにやってるのか」「意味はあるのか」と落ち込むことはしょっちゅうだけど、こんな読者がいてくれるんだからがんばらなくては。







0




AutoPage最新お知らせ