山口晃展 今度は武者絵だ!  

会場の様子をご覧ください。
練馬区立美術館の許可を得て撮影した画像です。

http://www.city.nerima.tokyo.jp/museum/tenji/yamaguti-ten.html

クリックすると元のサイズで表示します
源頼朝像など

クリックすると元のサイズで表示します
武者絵に若い女性も釘付け

クリックすると元のサイズで表示します
成田空港ターミナル図の前で人々は動かずに見入る

クリックすると元のサイズで表示します
トップランナーでの即興作品

なお、この展覧会は、

◆会期
平成19年8月17日(金)〜9月17日(月・祝)
 
◆休館日 月曜日 (ただし、9月17日は開館)
 
◆開館時間 午前10時から午後6時まで (入館は午後5時30分まで)
   
◆観覧料 一般 500円、高大生と65〜74歳までの方 300円 (各種割引あり)
小中学生と75歳以上の方無料
0

ブログ移転のお知らせ  

http://blog.goo.ne.jp/rein2007_tinian/

本日より上記に移動しました。
引き続きよろしくお願いします。rein


0

お盆です、お晩です  

人間が激減している東京。

わが家も帰省人により、私道に停車してご近所に迷惑をかけている。
他車に対していつも「おたがいさま」の精神で大らかにしているせいか、ご近所さんは家族の来訪にやさしい。
ありがたいことです。

クリックすると元のサイズで表示します
0

迎え火  

福島の実家でお盆を過ごすのが恒例となっていたので、この時期自宅にいるのは極めて珍しいことだが、今年はこちらの風習に習って「おがら」を焚いた。
田舎では松の木で迎え火から送り火までお盆中は毎夜火を焚き続ける。

おがらは近所を探し回ったが中国製のものしか売っていなかった。
日本のお盆なのに、中国製とは仏様もびっくりするんじゃないかしら。
とにかく迷わずにわが家にたどり着いてもらいたい。

クリックすると元のサイズで表示します

0

プチぶんか村8・9月号反響  

暑中お見舞い申し上げます。
『ぶんか村』をいただきました。
「林邦史朗」さんの記事を大変興味をもって読ませていただきました。
こんな間近の方とは思いませんでした。ぶんか村さんの情報網はすごい!
(O先生より)

いつもご恵与下さり御礼申し上げます。
滞る事なく発行するガンバリに頭が下がります。
炎暑の毎日、どうぞご無理をされずにお過ごし下さいませ。
(書家sさんより)

毎回内容の充実した文化情報紙をお送り下さいまして御礼申し上げます。
多岐にわたり、本当に楽しく読ませて下さる数々、その裏では大変なご苦労もおありになることでしょう。
失礼な言葉かもしれませんが、先ず遅配欠配のないところが、言葉では表せない凄いところだと思っております。
きっとストレス…もおありになる時もあると存じますが、ご無理をなさいませぬように!!
(K夫人より)

いつも「プチぶんか村」をありがとうございます。
センスのあるテーマ選定、毎号大変だとは思いますが、長続きすることを祈っています。
猛暑の折、ご自愛下さい。
(N氏より)

心のふるさと・・新座情報興味深く読んでいます。
殺陣師 林邦史朗のエッセイを読んで、殺陣師になった友人の娘(東京)を思いだしました。今、どこかで指導しているようです。
「功名が辻」は毎回見ていましたが、「風林火山」は、見ていません。
(苫小牧の村ちゃんより)

風林火山の内野聖陽という役者は前々号で取り上げられました大好きな藤沢周平のNHKによるドラマ化ですっかりフアンになりました。藤沢さんは大好きで文藝春秋社の全集23巻は平成6年の出版時から揃えて何度も読み返しているほどです。見性院という方と平林寺のつながりは初めて知りました。武田家発祥といわれる武田八幡という神社が我が家の身内にあり早速送ってやりました。よく調べられましたね、凄いなー。残暑がまだまだつづきます、どうかご自愛ください。それではまた。
(信玄のお膝元さんより)

ぶんか村ありがとう!reinさんの努力の結晶ね。ブログも毎日楽しみにしてるの。
(J.Sさんより)


※ハガキ、手紙、メールでの「声」をありがとうございました。
リアクションがあるというのは編集者にとって励みになるものです。
またご意見ご感想をお聞かせください。
0

ディアボロ・ジンジャー初体験  おいしいもの

元N山さんのブログで紹介されていた、8月7日キリンビバレッジから発売された飲料。

キヨスクやスーパーには置いてなくて、近所のセブンイレブンへ行ってみたらあった。

「ディアボロ・ジンジャー」は、南フランス・プロヴァンスの、果物や野菜を砂糖と一緒にじっくり煮つめて、深い味わいを引き出し、お菓子や飲み物にして楽しむ習慣がお手本です。その煮つめたシロップを炭酸で割るフランス流の飲み方は“ディアボロ”と呼ばれ、初夏の頃よりカフェなどで飲まれています。
品質のよい国産しょうがのみを丁寧にスライスして搾ったしょうが汁を、砂糖と一緒にじっくり煮つめました。隠し味にレモングラスやシナモンなどのスパイスを効かせ、仕上げにグレープフルーツ果汁3%と炭酸でキリリと割って、初めてのおいしさのジンジャーエールができました。(キリンビバレッジニュースリリースより)


これまでにないお味。
おすすめです!

クリックすると元のサイズで表示します
0

お知らせアイテム  

クリックすると元のサイズで表示します
ピノミントを見つけた。
夏場だけの販売らしい。
好みの味だ。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは地産地消。
新座産の唐辛子。
色がきれいだから、絵心があればスケッチしたいところ。
葉っぱは佃煮「葉とうがらし」にしよう。
空気が心なしかピリピリと辛い。
2

塀に  

しがみつく。
これもセミ。
抜け殻です。
本日朝。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ