平林寺幻影  

お筝のコンサートというのは大昔に聴いたか初めてかだ。

プチぶんか村で紹介した高須和子さんほかの出演による「空(くう)」コンサートをゆめりあホールで楽しんだ。

きょうのハイライトは「平林寺幻影」の初演。
クリックすると元のサイズで表示します
目を閉じて聴いていたら平林寺の伽藍や雑木林のざわめき等が脳裏に浮かんだのできっといい曲なのだろうと思う。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは尺八のソロ「鹿の遠音」。
客席の後方から演奏しながら舞台までゆっくり歩き、舞台を右から左に横切ってちょうど演奏が終るころに袖に入るという演出がおもしろい。
雌鹿と牡鹿が交し合う声をうまく表現している。

会場は満席。

平林寺の写真集を2冊受付に置いてもらったらお客さまが眺めていた。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

ちなみに平林寺は禅寺である。修行の道場。
7月31日からは東京国立博物館で「京都五山 禅の文化」展が始まる。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ