読一のオタク生活25年+

 中年オタク 読一のページ。
アニメ、マンガ、ゲーム(非電源&電源)、映画等を中心に。「てきとう」で「いいかげん」な感想、その他など。
 尚、本ページの性格上、いわゆる「ネタバレ」記事が頻発しますので、ご用心下さい。
また中年「オヤジ」ですので、皮肉も言います、毒も吐きます。ご注意下さい。

 
プロフィールの様なもの  書き手は、昭和30年代後半に生を受けた中年。 白黒放送の「オバケのQ太郎」位から、アニメを観た記憶がある。 小学校入学時に関東に進出。中学時代に「さらば宇宙戦艦ヤマト」と少年サンデーの「うる星やつら」連載開始、ABチャンドラーのSF小説「銀河辺境」シリーズ、AH社「TACTICSU」に出会いオタク道へ入る。その後、R.O.Dに出会い「netで語る」喜びにも目覚める。今に到るも、オタクは辞められず。メールは'06年内で閉鎖しました。代わりに、メッセージBOXを設置しましたので、非公開での御知らせや、ご意見等のある方は、此方をお使いください。  注:トラックバック&コメント大歓迎ですが、この場に相応しくないと当方が判断しましたものについては、一切の予告・説明なく削除いたしますので、あしからず。

blogram

blogram投票ボタン

最近のコメント

拍手ランキング

1位 コマンド・マガジン日本版 Vol.75   (株)国際通信社
1拍手
1/21〜1/28までのランキング結果です。

カレンダー

2020年
← March →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

過去ログ

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
月光号の機関紙「ray-out」の表紙になってご満悦のレントン君。
でも、その表紙って、あの「はじめてのおつかい」のジャージ、メット、ちょびヒゲ姿…。

突然、レントンはムーンドギーにヒザカックンされるんだけど、ムーンドギーの格好はジャージ…。

もしかして、対




エウレカセブン「グロリアス・ブリリアンス」


●雑誌の表紙に喜ぶレントン

い、いつのまにそんな写真撮ったんですか!?

しかもその雑誌、何の雑誌なんですか!?

町の人たちがみんなレントンを見てくるってことは、あの変装意味なかったんじゃ…?...

交響詩篇 エウレカセブン 第8話 『グロリアス・ブリリアンス』
製作:MBS(毎日放送)、ProjectEUREKA、ボンズ
原作:ボンズ
プロデューサー:竹田青滋(MBS)、南雅彦(ボンズ)
監督:京田知己
シリーズ構成:佐藤大
キャラクターデザイン:吉田健一
メインメカ
#08の見所は、レントンが憧れていた月光ステイトと、現実の違いですかね。これだけ見ると#04のウォーターメロンと同じ様に思えるかもしれませんが、内容は随分違います。そういあ、#07ではギャグ調のストーリーでしたが、今回の#08は割と真面目に見てしまいました。微妙に...
 なんだかだんだんと本章に近づいてきている気がします。  前回の出来事以降、レントンはムーンドギーと仲良くなったらしく、ray-outの表紙に例の格好(ジャージ……)で写って悦に浸っているレントンにひざかっくんするムーンドギー。なんか良いなぁ。で、その表紙をエウ...
いよいよ、運命は羅針盤は深遠を指し、レントンはそこへと迎いはじめます。レントンとエウレカ、そしてゲッコーステイトのメンバー・・・・・・彼らに対する波は決して優しくはなさそうです。
 凪の時間は終わりを告げ、風は新たに吹きはじめました。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ