Granma Okkoの絵日記3

続・・・日常の行動をデジカメやモバイルで ノートに書く日記は毎年三日坊主だったので^_^;

 

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

RSS取り込み1

RSS取り込み2

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:okko
oliveさま
デジカメではありません!
フィルムの写真をデジカメでとりました。

今思えばあの時期に すでに決まっていたとはいえ よく結婚式ができたものですね!
新幹線も前日開通、ホテルも再開初めての式だったかも・・・

http://imo
投稿者:okko
じゃがいもさま
前の家はプレハブ工法の家でしたので、被害は少なくってすみました。

http://imo
投稿者:okko
kamokamoさま
被害が少なかった我が家でしたが・・

ほんとに皆さん頑張られたとおもいます。
そして、全国のボランティアの方々にもたすけられました。


開いてるスーパーが少なくて遠くから買いにこられたりしてまいた。
レジで2〜3時間まちもざらでした。
それでも みんなじっと待ってかいましたよ。
お風呂も入れないので、車に乗り合わせて銭湯や有馬温泉などに できる人が出来ることを協力し合って・・・
投稿者:olive9302

一ヶ月後によく撮られていましたね。
当時デジカメがあったのかしら?

私はM子さんの結婚式の時、3ヶ月後の神戸の町をみましたがまだ傷後が深かったですね。

神戸の方々のがんばりは本当に素晴らしいですね。
投稿者:じゃがいも
あの日、我輩は....仕事途中の車のラジオで知った。
投稿者:kamokamo
okkoさん、私は震災2年後に子どもの受験で訪問し、未だに深い傷跡が残されていた神戸の街に衝撃を受けたことを思い出しました。

神戸の皆様は本当に大変だったけれど、外国ではあたりまえのように起こる暴動や略奪などが無かったことはもちろん、むしろ皆が助け合って人と人の絆が深まったということを聞いて胸を打たれました。

神戸の街は見事に蘇りましたが、震災の恐ろしさや悲しみとともに、神戸の方々の見事であった人としてのふるまいをずっと語り伝えて欲しいと思います。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ