「県政オンブズマン静岡〜静岡県庁の光と闇〜」 管理人のブログ

 
コメント投稿に当たっての注意いつもご覧くださいましてありがとうございます。 投稿されたコメントについてですが、判断に迷うケースが多いので非公開を希望の方は投稿のつど文頭に「非公開希望」とお書きくださいますようお願いします。 なお、判断に迷う場合は投稿者の保護のため原則非公開としていますが、公開可なのにしばらくしても公開されない場合は追加の投稿で「前記公開可」としてください。 よろしくお願いします。 追記:行政批判的なコメントでメール欄にアドレスを入れてしまうと危険です。気付いたら非公開としておきますのでアドレス抜きで再コメントしてください。 追記:サイドメニューにメール形式での通報用フォームを追加しました。こちらは直接のやり取りとなるためメールアドレスを入れても安全です。

最近のコメント

非公開コメント・通報の取扱い

送信ミス防止及び非公開希望者の秘密保護のため非公開希望コメント・通報に関しての取り扱い方針等を以下のとおり定めました。(2014.2.14)  1:受領確認のため内容に関わらず基本的に「了解しました」とコメントします。  2:通報についても同様です。  3:通報への対応については真相究明よりも通報者保護が優先されるため、モザイクアプローチでの通報者特定につながるとの危惧がある限り全部又は一部について対応しない、あるいは時期をずらすなどの対応になります。  4:その恐れがないなど対応についての相互連絡・調整を希望の方は掲示板下部の管理人へのメールからお願いします。 HP移転に伴い上記取扱い1、2は行っていません。通報はこのブログではなく掲示板から行ってください。

投稿ガイドライン

掲示板及びブログへの投稿上の注意 @荒らし目的の投稿等防止のため管理人確認後の表示となっております。何度も同じ内容で投稿しても無意味です。 A1週間たっても表示されない場合は投稿内容に関して問題や疑義のあるケースと思われますので掲示板の方の「管理者へメール」にてお問い合わせください。 B広告は原則禁止即削除。事実確認が困難なもの、質問もの、リンクもの等は2週間程度保留しておきますので一度メール願います。 Cなお、上記を含め、齟齬防止のため管理人との質疑はメールでのやり取りに限らさせていただいております。 D加えて、荒らし等の悪意のあるメールとの区別の意味で、メールアドレスは、いわゆるフリーメールのものに対しては返信しません

カレンダー

2020年
← February →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

紹介

世間に今日ほど役人の腐敗が問題視されていなかった1999年12月、元自治省官僚の石川嘉延による県民不在の悪しき県政の姿に憤慨し、ホームページ「静岡県庁の光の闇」を開設。 主に裏金問題や空港問題を追求し、その他必要に応じて公文書開示請求、住民監査請求、公開質問を行うなど浄化に努めてきたが、残念ながらトップが代わっても官僚組織の腐敗は巧妙に隠されるばかり。 現在はネット上の活動の拠点を新HPのhttp://www.omb-shizu.sakura.ne.jpに移行。

フェイスブック

QRコード

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:元県民
高カテゴリーの場合、滑走路末端部の勾配制限がきびしくなるようです。ILSというより、autolandの制約かもしれません。静岡空港の滑走路は0.5%傾斜して一方的に海側が低くなっています。川勝知事がお手本と仰ぐ熊本空港は精密進入(Cat3)側の末端が0.8%です。

まあ、知事殿は30億もあればできると思っているようですが、あの地形ですし、進入灯なども全部やり直すと、いくらかかるか分かりません。ILSの話が進む前に、経費その他で空港維持そのものが問題化すると思いますが。
投稿者:名無し県職
ILSのカテゴリが低ければ安全性が低い、と堂々と知事が記者会見しているレベルですからね。
交通インフラとしての空港の意味を全く理解していないのでしょう。
静岡空港は空域の関係で傾斜滑走路になっており、カテゴリIII設置は物理的に無理という事実すら知事には報告されていないようですし。

空港も国文祭も同じレベルでお祭り騒ぎ。これが静岡県行政の実態ですわ。
投稿者:hana
非常に厳しい空域設定とは聞いていましたが、そんな危険な空域状態で、約束の「管制官」(パイロットに対し指示、命令を出す)が存在せず、「航空管制運航情報官」(パイロットに滑走路・飛行場の交通情報や気象情報のみ出す)とは驚きです。大惨事にならなければいいのですが…。静岡県はもっと真面目に安全に取り組んでほしいと思います。「立ち木」「笹」「無断伐採」、それらを軽く見ている川勝知事をはじめ、安全が最優先の空港に対して無責任過ぎると思います。

http://blogs.dion.ne.jp/e63521174a/
投稿者:元県民
「3月開港に向けて、え〜、担当の方々の、え〜、やむを得ないところ、手続きを簡略化する形にならざるを得ないほど、追い詰められていた」というのが何を意味するのか、たいへん興味があります。

立ち木が勝手に伐採されたのは「管制塔」から着陸機が見えにくいからだ、との報道でした。「管制塔」と言い習わされているので、あの建物には管制官が詰めて、飛行機に離着陸の許可を出したりコントロールしている、と思っている人が多いでしょうが、実際は静岡空港に航空管制官はいません。いるのは「航空管制運航情報官」という職名の方々です。離着陸は、情報官からの情報を得つつ、パイロットの判断で行われます。

2001年に「静岡空港に係る運航の安全につきましては、 旧運輸省、 防衛庁、 静岡県の三者による空域調整において、 静岡空港の進入・出発経路は、 静浜飛行場、 浜松基地の空域と重ならないものとなっておりまして、 さらに静岡空港及び静浜飛行場の周辺空域においては、 ターミナルレーダー管制業務を実施することにより、 安全が確保されることとなっております。」と県議会で答弁したほか、空港で「飛行場管制」が実施されることも説明しています。(静岡空港専門家委員会、タウンミーテイング)

ところが、結局、ターミナルレーダー管制所、飛行場管制所のいずれも設置されないままに「完全開港」を謳っています。「管制業務を実施することにより、 安全が確保される」としていた安全が、どう担保されることになったのか、大いに疑問を感じます。議会も報道もこの件を質した形跡がありませんが、立ち木やILSの表層的な騒動にとらわれているばかりで、ニアミスなどの問題が起こってからでは遅いです。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ