「県政オンブズマン静岡〜静岡県庁の光と闇〜」 管理人のブログ

 
コメント投稿に当たっての注意いつもご覧くださいましてありがとうございます。 投稿されたコメントについてですが、判断に迷うケースが多いので非公開を希望の方は投稿のつど文頭に「非公開希望」とお書きくださいますようお願いします。 なお、判断に迷う場合は投稿者の保護のため原則非公開としていますが、公開可なのにしばらくしても公開されない場合は追加の投稿で「前記公開可」としてください。 よろしくお願いします。 追記:行政批判的なコメントでメール欄にアドレスを入れてしまうと危険です。気付いたら非公開としておきますのでアドレス抜きで再コメントしてください。 追記:サイドメニューにメール形式での通報用フォームを追加しました。こちらは直接のやり取りとなるためメールアドレスを入れても安全です。

最近のコメント

非公開コメント・通報の取扱い

送信ミス防止及び非公開希望者の秘密保護のため非公開希望コメント・通報に関しての取り扱い方針等を以下のとおり定めました。(2014.2.14)  1:受領確認のため内容に関わらず基本的に「了解しました」とコメントします。  2:通報についても同様です。  3:通報への対応については真相究明よりも通報者保護が優先されるため、モザイクアプローチでの通報者特定につながるとの危惧がある限り全部又は一部について対応しない、あるいは時期をずらすなどの対応になります。  4:その恐れがないなど対応についての相互連絡・調整を希望の方は掲示板下部の管理人へのメールからお願いします。 HP移転に伴い上記取扱い1、2は行っていません。通報はこのブログではなく掲示板から行ってください。

投稿ガイドライン

掲示板及びブログへの投稿上の注意 @荒らし目的の投稿等防止のため管理人確認後の表示となっております。何度も同じ内容で投稿しても無意味です。 A1週間たっても表示されない場合は投稿内容に関して問題や疑義のあるケースと思われますので掲示板の方の「管理者へメール」にてお問い合わせください。 B広告は原則禁止即削除。事実確認が困難なもの、質問もの、リンクもの等は2週間程度保留しておきますので一度メール願います。 Cなお、上記を含め、齟齬防止のため管理人との質疑はメールでのやり取りに限らさせていただいております。 D加えて、荒らし等の悪意のあるメールとの区別の意味で、メールアドレスは、いわゆるフリーメールのものに対しては返信しません

カレンダー

2019年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

紹介

世間に今日ほど役人の腐敗が問題視されていなかった1999年12月、元自治省官僚の石川嘉延による県民不在の悪しき県政の姿に憤慨し、ホームページ「静岡県庁の光の闇」を開設。 主に裏金問題や空港問題を追求し、その他必要に応じて公文書開示請求、住民監査請求、公開質問を行うなど浄化に努めてきたが、残念ながらトップが代わっても官僚組織の腐敗は巧妙に隠されるばかり。 現在はネット上の活動の拠点を新HPのhttp://www.omb-shizu.sakura.ne.jpに移行。

フェイスブック

QRコード

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:管理人 鈴木浩伸
本日、当方の意見書を発送しました。

http://navy.ap.teacup.com/hikaritoyami/1023.html
投稿者:管理人 鈴木浩伸
関係職員氏名を非開示とした処分に対する異議申立ての審査会意見書を公開しました。併せて、これまでの公文書非開示などの一連の引き延ばし行為等が事件関係職員らによって行われていたことが明らかになったのでこれら事実を公開しました。

http://navy.ap.teacup.com/hikaritoyami/1023.html
投稿者:管理人 鈴木浩伸
非開示決定の取消し文書の公開と、不適切事務を行った職員及びその上司の氏名を非開示とした部分開示決定についての異議申立て予定の、その理由を公開しました。

http://navy.ap.teacup.com/hikaritoyami/1019.html
投稿者:管理人 鈴木浩伸
<速報:県、一転、公文書開示へ>
公文書開示請求から7か月、3か月前には審査会に付議された当方の
異議に対して滑稽な理屈を並べて反論(下記URL)してきた県が、審査会の答申が出る前に敗北を悟ったようで、本日、2月23日付けの非開示決定を取り消す旨の通知が届きました。

また、非開示決定の時点では62件(http://navy.ap.teacup.com/hikaritoyami/html/20140409215536.pdf)しか存在しないとしていた公文書が、今回の部分開示決定では117件に増えていました。当初はとりあえず隠すつもりでいたのでしょうが、問題がないと判断した(か、そのようにした)のでしょう。
全国市民オンブズによる国の秘密保護法の公文書開示請求においても裁判の動向を見ながら国は小出しに追加開示しながら1年以上だらだらと引き延ばしをしているようですが、本県においても違法でなければ何でも有りとばかりのこの手の時間稼ぎが蔓延し始めたようです。
こういうことの繰り返しにより、悪貨が良貨を駆逐するの例えのとおり、安易に流れ、モラル低下はとめどなく組織を蝕んでいくでしょう。

http://navy.ap.teacup.com/hikaritoyami/1002.html
投稿者:管理人 鈴木浩伸
公文書はいまだ非公開の中、主犯格の職員への軽い処分が発表されました。リンク先を御覧ください。

http://navy.ap.teacup.com/hikaritoyami/1014.html
投稿者:管理人 鈴木浩伸
県が県民からのこの問題についての意見に対して回答をしています。(下記URL)
要旨は管理監督者が気づかなかったのは仕方ないというものですが、メールだけでこれだけの補助金が動くことは有り得ませんので、管理監督者が職責を自覚して盲判でなくチェックしていれば100%見破れます。でなければ自らその能力を欠いていたというに等しいと言えます。県民は騙せてもわたしは騙せません。一連の公文書の隠蔽や調査報告及び今回の県民への回答の公表から、組織の失態を隠し、県民の税金負担で幕引きを図りたい意図が見て取れます。併せて先の処分先送りと犯行者への情状への言及から見て処分軽減と事実に関する口裏合わせの裏取引が推察されます。公文書の偽造行為までして億単位の損害を県民に与えて刑事告発もせず求償も一部に留め職員のまま雇用し続けるというのはいかがなものでしょう。先の監査請求で違法行為を指摘されながら無処分だった事件とは次元が違います。県及び県議会のしっかりした対応を監視していく必要があります。

https://www2.pref.shizuoka.jp/all/ikenteigen.nsf/m07/1242509A8B06ADB449257D0A00026CA8
投稿者:管理人 鈴木浩伸
県は7月1日、損害は税金で全額補填し、不適切事務職員らの処分・求償は情状酌量の余地ありとして留保(今後検討)する旨の密室での調査の結果を公表しました。

http://navy.ap.teacup.com/hikaritoyami/1003.html
投稿者:闇奉行
「大井川広域水道企業団補助金不適切事務処理関係公文書非開示に係る知事意見書への反論」を掲載しました。

http://navy.ap.teacup.com/hikaritoyami/1002.html
投稿者:闇奉行
本日、静岡県情報公開審査会からようやく意見書の提出依頼が届きました。
投稿者:闇奉行
静岡県情報公開審査会に諮問されてから1月以上経過しましたが、いまだ音沙汰ありません。審査会は中立という建前ですが、役所の隠蔽のためならサボタージュも厭わないようです。

静岡県情報公開審査会メンバー
会  長 興津 哲雄(弁護士)
委  員 鈴木 紀子(弁護士)
会長代理 根木 真理子(静岡大学教育学部教授)
委  員 望月 律子(公益社団法人静岡県看護協会長)
委  員 山本 雅昭(静岡大学人文社会科学部教授)
委  員 森  俊太(静岡文化芸術大学文化政策学部文化政策学科長)
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ