NEW!8月29日 川井邸UP!      5月19日 陸軍少年戦車兵学校跡UP!      5月1日MSI育園UP!                                   Hello. Old Japanese military war ruins. Ruin exploration. We do rare architecture exploration.       660,000Hit! Thanks!

愛鷹バーべキュー

2008/10/26 | 投稿者: キャプテンハヤト

 ここは、廃墟系にも知られているが、地元では、事件スポット・心霊スポットとしての長い歴史がある。
 調べてみると、色々な噂がある。

 ”店主が殺された。
 暴走族、DQNの溜まり場となっていた頃、リンチ殺人が遭った。
 屋内には、血痕が着いたバイクのフルフェイスヘルメット、グローブ、鉄パイプ等がまだ残っている。
 30年位前、経営者の娘に男が出来、それを父親に反対され、娘が店内で首を吊り、それが発端で、客足も遠のき、経営困難で閉業した。

 付近の大学生OB「10年位前、付近の茶畑で死体遺棄が遭って、そんな事から、幽霊が出ると言う噂が発って、一時期は、肝試しに来る輩が多数いました。大学のスポーツ部は、新人部員が入部すると、根性試しで、夜一人でここへ行かせてた様です。」”等と言う話が聴取出来た。

 さあ、ご覧頂こう。


クリックすると元のサイズで表示します

 店前駐車場
 藪に隠れる様にベンチがある。





クリックすると元のサイズで表示します

 藪に飲み込まれそうな当の廃屋があった。

 近付いて見よう。





クリックすると元のサイズで表示します

 出入り口に木材が散乱しており、釘が上を向いて出ているので、踏まない様に注意する。





クリックすると元のサイズで表示します

 入って右側。客席フロア。
 こんな状況だが、窓の作りで店だった事が伺える。





クリックすると元のサイズで表示します

 前方。
 この有様である。
 左上の壁に1987.03.14と書いてある、その頃は既に廃墟だったのだろう。
 駿河湾と夜景、そして山小屋を意識して営業開始したバーべキュー店の様だが、何しろ山奥過ぎる、ここまでの道は未舗装で狭く、来辛い。また、愛鷹山登山道沿いにあるのも凄い。ハイカーだってそうそうは来ないだろう。





クリックすると元のサイズで表示します

 左側。
 客席フロア。
 残留物は何もない。





クリックすると元のサイズで表示します

 外にあったベンチと同じ物がある。
 奥は食器入れか?
 ここは座敷だったのかな?





クリックすると元のサイズで表示します

 左側の部屋。
 客席フロア。何もない。





クリックすると元のサイズで表示します

 風呂場だ。店に風呂?珍しいな。
 それとも店主が住み込みで営業していたので、風呂場があるのか?





クリックすると元のサイズで表示します

 トイレだ。





クリックすると元のサイズで表示します

 ここで、焼肉用の炭を起こしていたのか。
 炉がレンガで組んである。





クリックすると元のサイズで表示します

 出入り口方向

 もう崩壊系廃墟だ。





クリックすると元のサイズで表示します

 うわっ、崩壊している。
 今にも落ちそうだ。





クリックすると元のサイズで表示します

 外
 昭和なブロック塀だな。
 ちょっと薄気味悪いな。





クリックすると元のサイズで表示します

 右側には、心霊系で有名な、ヘルメットやパイプ等が落ちていた。
 以前は、皮手も落ちていた様だが、今回は見当たらなかった。

 さあ、店の裏側へ出た、いよいよ林内にあるバーべキュー小屋を探そう。

 「皆肝試しで、店まではやって来るが、さすがに夜は林の奥のロッジまでは行く輩が居ない様で、知らない人が意外と多かった。」

 藪を掻き分け、ガサガサと進む





クリックすると元のサイズで表示します

 すると、前方に怪しい小屋が現れた。





クリックすると元のサイズで表示します

 トイレだ。あぁ、ちょっと薄気味悪いな。





クリックすると元のサイズで表示します

 外へ出た。
 この雰囲気が良い。





クリックすると元のサイズで表示します

 小屋が二つあるみたいだな。
 行ってみよう。





クリックすると元のサイズで表示します

 潰れている。





クリックすると元のサイズで表示します

 完全に崩壊している。中が見たかったな。





クリックすると元のサイズで表示します

 あっちにもある。





クリックすると元のサイズで表示します

 小屋が崖下へ落ちて行っている。





クリックすると元のサイズで表示します

 こっちはグシャッと潰れてる。





クリックすると元のサイズで表示します

 BBQ小屋群が存ると知っていたら、形があるうちに来たかった。





クリックすると元のサイズで表示します

 ここも、あっちも完全に崩壊している。





クリックすると元のサイズで表示します

 長めの小屋が潰れているぞ?団体客用だったのか?
 薪置き場だったのかもな。

 他にはもう無いみたいだな。6棟位見つけたか?
 上へあがろう!

 「店の周りも調査したが、錆びた柱が三本あっただけで、他に建物らしき物は見当たらなかった。」


 林道へ出て、道沿いに何かないか調査しよう。
 (猿が数匹いた。)





クリックすると元のサイズで表示します

 左側に何か建物がある。

 店から少し離れた場所にあった焼却炉。
 手前にある四角い建物は、水槽の様な物だった。目視窓が一つあり、底に落ち葉が溜まっていた。





クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します

 焼却炉の中は、人一人が入れる広さだ。
 BBQハウス用の焼却炉だろう。

 かなり近くで、猟師が撃っているライフル銃の音が「パン!パン!」と聞こえている、こんな所にいたら撃たれ兼ねない。さあ帰ろう。

 帰り際乗用車が一台上がって来たが、私を見るなり直ぐバックで去って行った。こんな場所に来るのは、同業者だろう。(笑)
2008/07/02・10/17
2



2013/10/12  7:03

投稿者:キャプテンハヤト

地元のおじさんさん
貴重なお話を聞かせて頂き、ありがとうございます。
移転物件だったんですね、どうりで残留物がなくて営業の臭いが薄いと感じました。荷物を全部新しい店へ引っ越したんですね。

現役時代も繁盛して、閉業後も沢山の人の出入りがあって、
人気店ですね!(笑)
建物が朽ちるまで放置しているのですね。
今頃は崩壊してしまっているかもしれませんね…。

2013/10/11  15:10

投稿者:地元のおじさん

地元N市の住人です。
ここが営業していた頃は、お店自体も知られてましたし、けっこう繁盛していましたよ。
ここは廃業ではなく、移転です。その後、今は代が替わって、ご当代の方は別業態ですが今も飲食業をしていらっしゃいます。
ただこの物件が何で放置されているのかはよくわかりません。ご先代はもう所有者ではない可能性も大です。

2009/7/8  14:02

投稿者:隊長ハヤト

そうですか、残念です。

あの廃別荘地に民家が数件残っていますが、謎ですね、持ち主がいてたまには来るのか、放置状態廃墟待ちなのか、住んでるのか、でもゲートが開いているのを見た事がないので、人は住んでいないでしょう?住んでいるのなら、ゲートが開いているはずなんで。謎ですな。妙な穴もあるし。。

2009/7/6  15:12

投稿者:わや猫

了解しました。

ちなみにガリバー王国は既に解体されており入口も封鎖されていますが
人穴方面より県道71号線を北上し、富士ヶ嶺簡易局前の交差点を
東に進んだ所、富士クラシック前の道路が入口でした。

http://blog.goo.ne.jp/wayaneko

2009/7/6  12:44

投稿者:隊長ハヤト

わや猫さんへ>
ではリンクします。
まだ大渕僧、天トン、大畑もあるので、その際はまたお願いします^^


朝霧の廃工場とガリバー王国の場所を誰か知ってる方がいたら教えてくれないかにゃ〜?^^

2008/12/24  23:51

投稿者:隊長ハヤト

コメントありがとうございます。
火葬場の中に入って写真を撮ってしまいましたね(大汗)
火葬場の廃墟を取材してみたいものです^^

2008/12/24  19:49

投稿者:通りすがり

これは焼却炉ではなく火葬場跡かもしれません。

2008/11/17  20:34

投稿者:隊長ハヤト

ここは、心霊スポットで、メジャーサイトでも紹介されてますよ〜。でももう廃墟を通り越して、瓦礫の山みたいなので^^お化けも居ないかも?^^騒がれなくなってますね。探検にはいいですよ?ロッジ探し!

2008/11/2  18:19

投稿者:夜の七輪奉公

blog開設おめでとうございます!ドキドキ!
あのですねー、焼却炉の写真見た瞬間にクラっとしましたよ。ひゃー!ここは心霊スポットなのね!怖い怖い。
タイまで調査へ行っちゃうとかですか?
気をつけて!

2008/10/29  22:53

投稿者:わや猫

ブログ開設おめでとうございます。

早速、我がブログの方にリンクを貼らせて頂きました。

ついでに同じ場所をレポートした記事には、トラックバックを送らせてもらいますね^^

http://blog.goo.ne.jp/wayaneko

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ