NEW!8月29日 川井邸UP!      5月19日 陸軍少年戦車兵学校跡UP!      5月1日MSI育園UP!                                   Hello. Old Japanese military war ruins. Ruin exploration. We do rare architecture exploration.       660,000Hit! Thanks!

清華寮FILE5

2013/5/23 | 投稿者: キャプテンハヤト

続き>>
クリックすると元のサイズで表示します

 段々延焼が激しくなって来ている。
 
 家財道具等が焼け、壁は真っ黒だ。火災から三年経った今でも煤の臭いがし、埃が舞う、マスクは必須だ。

 ここから更に火の回りが激しくなって行く。





クリックすると元のサイズで表示します

 真っ黒焦げのバイクのヘルメットが二つあるが、プラスティックの部分が高温でダラリと溶けている。





クリックすると元のサイズで表示します

 外に気功養生塾と表記された廃車ワゴンが放置されていたが、そのお宅である。
 ここもかなりの被害だ。
 
 今は大画面テレビが安くなり、一般的になったが、15年ほど前はまだまだ高価で、持っているだけで、裕福な人、勝ち組的イメージ(笑)があった。





クリックすると元のサイズで表示します

 このお宅は、家財道具等が満載だ。





クリックすると元のサイズで表示します

 歩くだけで煤が付着し、舞うので、物の調査は断念。





クリックすると元のサイズで表示します

 静寂の中に暗く重たい空気が流れている。





クリックすると元のサイズで表示します

 部屋に少し入っただけで、早く出たいという気持になる。





クリックすると元のサイズで表示します

 ここからの部屋が最も延焼が激しい。

 隅にベッドがある。





クリックすると元のサイズで表示します

 壁が燃え尽き、隣の数部屋が繋がってしまっている。

 何もかも燃え尽きている。





クリックすると元のサイズで表示します

 奥に二段ベッドがある。
 酷い。





クリックすると元のサイズで表示します

 東京の財団法人進○奨学会が急に寮を訪れ、住人に“当方が所有者だ”と宣言“78年に学租財団の理事から寄付を受けた”と主張し、2003年12月、所有権の移転登録を求める裁判で勝訴、2006年1月に登記を済ませた。
 長年住み続けて来た住人達は、いきなり現れた奨学会に”証拠は偽造だ”と言い、争う姿勢を示し、沈黙していた財○省も動き出し、進○奨学会を調べ、活動実績がない事等から、疑義を感じ、訴訟を起こす態勢を執る。
 勿論、奨学会は所有者になれば、この一等地の高固定資産税等も納めなければならない。

 そして、奨学会の登記から一年半後の2007年7月19日早朝、住人の煙草の不始末に因り、出火、寮の70%が焼け、中国人の母と娘が死亡、他の住人も負傷した。それ以降住人達は家を失い、建物は廃墟化した。

 これもキナ臭いと誰もが思うだろう、起因者は“煙草のボヤに一度気づき、消化したつもりだったが、次に目が覚めたら手が着けられない状況だった”という様な事を言ったそうだが、どうも”最後は火を出して撤去”というシナリオが多い様な気がする。





クリックすると元のサイズで表示します

 気分が凹んだ、一旦新鮮な空気を吸って気を取りなおそう。

  



クリックすると元のサイズで表示します

 階段の手摺がないが、老朽化で外したのか?何れにしろ危険だな。





クリックすると元のサイズで表示します

 <<戻る  ENDFILE6>>
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ