NEW!8月29日 川井邸UP!      5月19日 陸軍少年戦車兵学校跡UP!      5月1日MSI育園UP!                                   Hello. Old Japanese military war ruins. Ruin exploration. We do rare architecture exploration.       660,000Hit! Thanks!

H邸

2014/6/7 | 投稿者: キャプテンハヤト

クリックすると元のサイズで表示します

 タレ込み物件だが、単なる一軒家の廃屋だとハズレが多いので、スルーしようとしたところ「某医院開業者が住んでいた家で、大正、昭和初期は、診療所が併設されていた。」と言う話しだったので..なるほどぉ..じゃあちょっと行ってみようか、と思い立った。

 この物件は、住宅街にあり、民家に囲まれていて、真昼間の訪問は困難なので、陽が暮れてからの訪問になった。

 厚着をして来たつもりだったが、かなり寒い。




クリックすると元のサイズで表示します

 玄関を見る限りでは、そんなに痛んでいない様だが、裏へ回ると




クリックすると元のサイズで表示します

 崩壊している。

 先に敷地内を探検しよう。




クリックすると元のサイズで表示します

 庭は、雑草が生い茂り、植樹は伸び放題、長い間放置されている事が伺える。




クリックすると元のサイズで表示します

 古い廃屋を訪れると、殆どの庭に大き目の洗い場がある。
 昔は、農家が多く、採って来た野菜を洗った為である。




クリックすると元のサイズで表示します

 診療所が併設されていたのは、昔の話で、今は無く物置小屋が建っている。
 中を覗いて見たが、医療に関係する物はなく、畑仕事の道具が置いてある。

 それではそろそろ、屋内を見させて頂きます。




クリックすると元のサイズで表示します

 見事な廃墟と化している。




クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します

 食堂

 食器やテーブルがそのままの状態だ。




クリックすると元のサイズで表示します

 真っ暗な廊下

 床が抜けない様にそっと歩く

 ギシ、ギシと軋む音がする。




クリックすると元のサイズで表示します

 玄関に立って、屋内を見てみた。

 漢字で何か書いてある屏風、西洋人形、こけしは、古い廃屋でよく見かける。

 天井から下がっているのは、ランプ!だ。

 ランプが照明だった時代は、大正初期なので、これは飾りかもしれない。




クリックすると元のサイズで表示します

 しかし陽が暮れてからの訪問は、真っ暗で静寂に包まれている。

 最近は、健全に昼間の探訪が主なので、久しぶりに羽目を外すと結構緊張する。(笑)
 続く>>
2



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ