報告します。ブログを引っ越しました  https://blog.goo.ne.jp/haiifusigitankentai2022 <(_ _)>                    残念ながら、2022年8月1日(月)13:00で、サービス終了との事 です、閲覧者の皆様あっての私共でした、14年間、長い様であっと言う間でし た、色々な事があり色々な方々と出会いました、復帰については、また何らかの形で、いつになるか分かりませんが、そう遠くないうちにまた皆様とお会いできたら良いなと思っています。(´;ω;`)サービス終了までこのままにしておきます。ありがとうございました。                 700,000Hit ありがとうございます。!

沼津技研地下工場跡(第一工場)

2016/2/3 | 投稿者: キャプテンハヤト

クリックすると元のサイズで表示します

 海軍技術研究所音響研究部地下工場跡(メイン工場)

 前回、”第二工場”を探検しましたが、続いて、メイン工場を探検します。

 以前、探訪イベントを企画した際、数か所候補が上がった中にここもあったのですが、危険と判断され、NGになった場所なので、今回は楽しみです。

 壕口が二つあります、作業員数も多かったのでしょうが、機械の搬出のし易さもあるのでしょう。


クリックすると元のサイズで表示します

 中に入りました。

 何故かクローラー運搬車が放置されています。(穴を利用したキノコ栽培で使用されていた物でしょう。)


クリックすると元のサイズで表示します

 階段状に切ってある上に小部屋があります。
 何か置かれていたのでしょうか。
 壁には


クリックすると元のサイズで表示します

 杭が打たれています。
 何かを引っ掛けていたのでしょう。


クリックすると元のサイズで表示します

 プラスティックのパイプが放置されています、水を引いたり電線が引かれていたのですね、傍に錆びたケーブルリール?があります。


クリックすると元のサイズで表示します

 元は石切場だった場所ですから、石が美しいです。

 奥へ行ってみましょう。


クリックすると元のサイズで表示します

 トンネル通路になっています!

 脇に鉄屑がありますが、何でしょう。


クリックすると元のサイズで表示します

 三輪車!?
 いや、相当古いですが、四輪車です、軽自動車です。かなり小さいです。
 工場が稼働していた時に行き来していた物と言うより、戦後ここでキノコ栽培が行われていた時に使用されていた物かもしれません。。


クリックすると元のサイズで表示します

 美しいトンネルです!

 ここを作業員達や軍人が行き来し、音響関連の兵器が運搬されたのですね。


クリックすると元のサイズで表示します

 両脇に側溝が掘ってあります。

 石丁場の石を運搬する通路ではなく、人が行き来するためのトンネル通路だと言う事が判ります。
 続く>>
1



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ