報告します。ブログを引っ越しました  https://blog.goo.ne.jp/haiifusigitankentai2022 <(_ _)>                    残念ながら、2022年8月1日(月)13:00で、サービス終了との事 です、閲覧者の皆様あっての私共でした、14年間、長い様であっと言う間でし た、色々な事があり色々な方々と出会いました、復帰については、また何らかの形で、いつになるか分かりませんが、そう遠くないうちにまた皆様とお会いできたら良いなと思っています。(´;ω;`)サービス終了までこのままにしておきます。ありがとうございました。                 700,000Hit ありがとうございます。!

小規模 壕

2016/3/22 | 投稿者: キャプテンハヤト

クリックすると元のサイズで表示します

 当該穴は、小規模ですが、作業場の痕跡が明瞭な形で残っています。

 辛うじて、嘗て道だった様な痕跡のある場所を上がって行く事にします。

 道を遮る様に倒木がある、と思ったら、コレ真横に生えているのですか!?
 木々を乗り越えて行きます。


クリックすると元のサイズで表示します

 暫くすると古い石垣が現れます。
 石を運搬した道の様です。

 掘削片を丁寧に積んで、道づくりをしてあります。
 江戸期か明治頃でしょう。ロマンを感じます。

 行く手から光が射しています。


クリックすると元のサイズで表示します

 穴が口を開けて待っていました。

 ただいまー
 おかえりー

 と、ふと頭に浮かびました。


クリックすると元のサイズで表示します

 出入口は、土砂が堆積して狭くなっています。


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

 中に入ると広い空間になっています。


クリックすると元のサイズで表示します

 こちらへ行ってみます。


クリックすると元のサイズで表示します

 丁寧に石が積んであります。

 ここは部屋になっています。


クリックすると元のサイズで表示します

 天井を見ると、小さな穴が開いています。


クリックすると元のサイズで表示します

 良く見ると穴の周りが濡れていて、電線の様なものが出ています。


クリックすると元のサイズで表示します

 長いです。

 その線に液体が伝って来ています。


クリックすると元のサイズで表示します

 線は地面まで下りて、横に這っています。

 伝って来た液体で床が濡れています。

 壕の上の林から、木の根がたまたま穴を見つけて中に入って来て成長中です。
 進む>>
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ