NEW!8月29日 川井邸UP!      5月19日 陸軍少年戦車兵学校跡UP!      5月1日MSI育園UP!                                   Hello. Old Japanese military war ruins. Ruin exploration. We do rare architecture exploration.       660,000Hit! Thanks!

川井邸2

2019/8/28 | 投稿者: キャプテンハヤト

Continuation>>
クリックすると元のサイズで表示します

 正面玄関に来ました。ではお邪魔致します。
 チェアとテーブルがあります、午後のひと時をここに座って、林の木々を観、小鳥の囀りを聴きながら過ごしたことでしょう。


クリックすると元のサイズで表示します

 失礼致します。
 かなり暗いので、少し動揺しますが、正面に二階へ上がる急階段があります、左側は、ドアがあるので部屋があるのでしょう。
 扉側へ行ってみます。


クリックすると元のサイズで表示します

 色々な物が散乱しています。
 暖炉があります。
 60年代のテレビでしょうか?
 ソファーも高そうですね。


クリックすると元のサイズで表示します

 所有者は、相当裕福だったのでしょう。


クリックすると元のサイズで表示します

 こう言うテレビは、今は中々見られません、当時は高級品だったのでしょう。


クリックすると元のサイズで表示します

 部屋の全体ですが、窓の雰囲気がとても良いです。
 リビングルーム、洋間ですね。

 床は腐って抜け、物が落ちて行っています。


クリックすると元のサイズで表示します

 左側にある物入れも高そうです。
 テレビがもう一台ありますね。


クリックすると元のサイズで表示します

 この扉は、先程の庭へ出る出入り口ですね。
 意匠が良いですが、香港映画で観られそうな雰囲気もありますね。


クリックすると元のサイズで表示します

 現役時代は、高級階層の人達が、ここで話に華を咲かせていたのでしょう。


クリックすると元のサイズで表示します

 奥へ行くと、キッチンがあります。
 何だか急に現実に戻されます。


クリックすると元のサイズで表示します

 雰囲気が、急に日本ぽくなった感じがします、周りに比べ、キッチンに興味はなかった様ですね。DIYキッチンの様です。
 ゲストハウス、別荘だからでしょうか


クリックすると元のサイズで表示します

 物が色々放置されています。
 少し拝見させて頂きました、有名なお金持ちかもしれませんが、真っ暗で薄気味悪いし、漁るのも悪い気がして突っ込むの止めます。

 漆喰が剥がれて床が粉だらけです。
 それでは二階へ上がってみます。
 <<ReTurn MoveOn>>
1



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ