人間のクズ!

かったりー、めんどっちー、やだもんね。
人間のクズ52歳。
酒に、ゲームに、ラーメンに、だらしない「ぽ子」の日記です。
誤字脱字多発中。
コメント、トラックバック、大歓迎。リンクフリーです^^

 

メッセージBOX

QRコード

過去ログ

拍手ランキング

1位 良心的な、完全版
23拍手
2位 みっちゃんがやってきた・1日目
5拍手
3位 みっ
3拍手
4位 やってきたワン!
3拍手
5位 自粛、始まる。
2拍手
4/30〜5/7までのランキング結果です。
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ぽ子
Bobbyさま

まだお互いの存在を知る前に、同じような夜を過ごしていたんですねぇ・・・。

親の気持ちも何となく分かるようになってきたとはいえ、正直なところ親のやり方には未だに全く共感できず、こんな夜のことを恨みがましく思い出したりしています。
殴ったところで、追い出したところで、何か伝わると思ってたんでしょうかね??
圧倒的な力をみせることで従わせようとすることに、不満しかありませんでした。

でも、こんな風に俯瞰して見られるようになったのは、もう母がいないからなのかもしれない。
生きていたら、・・・やっぱり私は子供のままだったんじゃないかな!?

親の前には、子供は永遠に子供なのかもしれませんね。

彷徨える夜に、出会っていたかったですね^^
心細い夜でした。
投稿者:Bobby
今日みたいな夜は
花冷えする夜だね。
なんて季語を通り越して 凍死してしまう程の寒さ。
こんな夜は 部屋にいるのが一番!

しかし子供の頃は
昼間 友達と遊ぶより
街が寝静まってから遊ぶ方が楽しかった。
そんなことを繰り返していたら
当然だが親から叱責された。
散々殴られ 「出ていけ!」と言われた。
その勢いのまま出て行くが
友達と約束しているわけではないから行くあてがない。
結局 公園の滑り台で寝転んでいたり
グランドのベンチで夜を明かしたりした。
自分が親になって改めて感じる若気の至り。
そんな殴って分からせようとしてきた親父も
冷たい墓の中。

理由やきっかけは違えど
同じようなことをして
親を困らせていたんだよねぇ。

もしも
まだ生きていたら
酒でも飲みながら笑えたのかな?
それとも 子供のままなのかな?

カレンダー

2021年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ