2014/1/6

似ているけど?  ウミウシ君達

そろそろお正月後半組の方が到着されてきます。
といってもお正月ほど忙しくはありませんけどね〜〜。
で何が最悪かというと、今になって超元気なYURIN….すみません。あはは
そして今日は日本人の方&ロシア。
ロシアの方は基本的に英語があまり得意ではないのでちょっと会話にてこずりますが
なんとかジェスチャーを入れて。

お正月前はあまり流れがなかたっため、ヤパックはいまいちだったのですが、
今は流れもあり大物も登場してくれます!良いですよ〜〜〜。

下の2つ良く似ていますが、違うもの。

1つはウミウシのハンシンウミウシ
クリックすると元のサイズで表示します
1つヒラムシ
クリックすると元のサイズで表示します

フォト by YABUNO

簡単に言えば、ヒラムシは厚みがなくひらひらしています。

もっと詳しく言えばこうなります。
ご参考までに!

ウミウシとヒラムシ、姿は似ていますが、ウミウシは「軟体動物門」、ヒラムシは「扁形動物門」で、実はまったく別の生き物。
■断面(上の図)
 ウミウシ:外套幕と脚が別れ厚みがある(左)。
 ヒラムシ:体は薄く、正中線が盛り上がる(右)。

■二次鰓
 ウミウシ:二次鰓(体の後ろにあるフワフワ)がある。
 ヒラムシ:二次鰓はない。

■周縁部
 ウミウシ:波打たない。
 ヒラムシ:波打つ。

このあたりが見分けるポイントになると思います。
その他の違いとしては、

■消化器
 ウミウシ:口と肛門があり、一本の管でできる。
 ヒラムシ:肛門はなく、口から食べて口から排泄する。消化管は袋状で分岐して体内に広がる。

■呼吸器・循環器
 ウミウシ:心臓・鰓・血管がある。
 ヒラムシ:心臓・鰓・血管がなく栄養・酸素などの運搬は、拡散(物質が自然と散らばる現象)に頼る。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ