合衆国の片隅で

アメリカ中西部暮らし、コリー1頭ネコ1匹人間2人になりました。

 

画像の無断転載はご遠慮下さい。
     
 
合衆国の片隅で 旧館(2004年7月〜2006年2月14日)」はコチラ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

カレンダー

2022年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お知らせ その他

QRコード

メッセージBOX

パスワードはkatasumi3 

拍手ランキング

1位 プロフィール更新
1拍手
5/7〜5/14までのランキング結果です。

 

2001年。9.11から1ヶ月、米軍の報復攻撃が始まった頃、当時11歳、10歳、7歳だった子どもたちを連れてガラガラの飛行機でアメリカに到着しました。今では、子どもたちは全員独立。ニンゲンは夫婦2人になりました。 2002に迎えたコリーのクッキーは12年我が家の中心で活躍したあと、虹の橋へと旅立ちました。2004年、パピーミルの悲惨な環境からレスキューされたHopeは縁あって我が家のプリンセスになりましたが、2年7ヶ月後お空へ。その後レスキューされて来たシェルティの元?問題犬うぃるちことWillも2020年1月に天使に昇格。2016年3月からホワイトコリーのいっぽ、2019年5月からネコのたびぃが家族に加わっています。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TAMA
☆虹のパパ黒山羊さん、

おもしろすぎる…。
ちなみに葬っちゃうともうお墓の中なので食べられない、という意味で書きました。
投稿者:虹のパパ黒山羊
あ、「屠むる」で食べれますよぉ。
お魚で言うところの「サバ折り」のごとく 血抜きしますので…。
投稿者:虹のパパ黒山羊
自動では「屠むる」出ませんよぉ。
毎度毎度「屠蘇 バックスペースで1文字削除 むる」と手間かけて打ってました。そうか、出ないわけだ…。(気がつけ自分!)
投稿者:TAMA@Nexus7
☆虹のパパ黒山羊さん、

そうかなー?とも考えたんですが、ほうむる、だと食べられないしなあ、と。でも、屠る、は確か常用漢字じゃないので、JLPTには出てこない、と思います。あ、でも、葬るの読みは出るかもよ。それにしても屠むるって、自動変換したんでしょうか。
投稿者:虹のパパ黒山羊
えーっと 屠むる は ほおむる のつもりで書いてます。違うかな…。
はい、調べました。屠る(ほふる)ですね…とほほ…。ほおむる なら 葬る ですね…。
うーん、これでは日本語検定1級合格 危ないかも…。
投稿者:TAMA
☆ちろこさん、

やっぱり、あのシーンなかなか衝撃的ですよね。しかも、物語的には「ローラは、クマのドラムスティックの大きさを知らないのだった」みたいに淡々と進んでいくんじゃなかったかなあ。

ええっと、皮と身の間には脂肪がたくさんたまってますからねえ。。。あ、そっちじゃないのか。
投稿者:TAMA
☆虹のパパ黒山羊さん、

そうそう、日本人が水族館でいわしの大群見て「美味しそう」とかいうの、欧米人にはドン引きらしいです。でも昔、アイルランド人数人とテレビを見ていたときに野うさぎがぴょんぴょんはねているのが写って、そしたら彼らが突然興奮して、片言の日本語で「おいしい!おいしい!」と指さしたんです。ハイ、若かった私はドン引きしました。

ところで、屠るではなく屠むる、というのはどう読むんでしょう?ほふむる?
投稿者:ちろこ
I wanna dram stick!!!! 今日の記事を読んで、私もこのローラの言葉をすぐに思い出しましたよ〜。それにローラとメアリーは豚の、とあるパーツを風船みたいにして遊んだりしますよね〜。(爆)
いやはや「皮」と言うだけにこれだけ話題が広がるなんて、面白いですね。でも私はうぃるちさんに賛成しま〜す。
皮と実(身?)の間がいちばん栄養が豊富だし、甘くて美味しいんでちもん。
投稿者:虹のパパ黒山羊
イスラム圏には、毎年 犠牲祭 って羊を屠むって捧げるお祭りがあります。いまでも鮮明に覚えているのは、同僚の実家の末の妹(10歳くらい)が、屠むる羊を連れてきたときに「どう、美味しそうでしょ!」と言った事です。これには驚きました。
まぁ逆もまた然りで、日本人が水族館やダイビングでウニとかタコでも見ようものなら「美味しそう」ってつぶやきますので、どっちもどっちなのかもしれません。


イギリスのパンはそんな扱いなんですか。
フランスパンは「周りの皮を食べる物」なんですよね。うっかりすると真ん中の柔らかいところは捨ててしまったりしますし…。
イタリアのピザの台も同じような感じかなぁ…。
「刺身のツマ」なのかもしれません。私なんかは小さいとき「お刺身のツマは食べないの」と教えてもらったのですが…。


を、思い出した。フランスのキャフェで「コンフィチュー(ジャム)を下さい」と頼むと、ジャムとフランスパンを切ったものが出てきます。パンはおまけ(というか無料の添え物)。これで軽い朝ご飯になります。パンは本当におまけですね。カフェオレのボル(小さな丼)に突っ込んで食べたりもします…(ねこまんまみたく、あまり上品な食べ方ではないのですが…)
 
投稿者:TAMA
☆虹のパパ黒山羊さん、

たぶん今回からのような気がするけど、もう一ヶ所、少しだけ近いところにあるよん。でも、多くの生徒さんはシカゴまで行きますね。大して変わらないし、大きい日系スーパーなんかもあって楽しいし。

薄く皮をむく、で思い出しましたが、昔リンボウ先生のエッセイで、イギリスでは、「向こうが透けて新聞が読めるほど薄くパンが切れる」っていうのが褒め言葉として通用するんだそうで、その心は、「パンというのはあくまでもジャムやらパテやらを載せる台でしかないのだ」と。
我が娘2号を含め、こちらの人々は「リンゴの皮?どうしても剥きたかったらピーラー使えばいいじゃーん」の世界ですから、やっぱり背負ってる文化は違いますねえ。

肉食人種といえば、ローラ・インガルスちゃんがまだ9歳くらいの時に、お父ちゃんがクマを一匹仕留めるんですが、そのクマをひっさげて帰ってきた父ちゃんにローラは「I wanna dram stick!!」っておねだりするんですよ。肉食恐るべし。

1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ