合衆国の片隅で

アメリカ中西部暮らし、コリー1頭ネコ1匹人間2人になりました。

 

画像の無断転載はご遠慮下さい。
     
 
合衆国の片隅で 旧館(2004年7月〜2006年2月14日)」はコチラ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

カレンダー

2022年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お知らせ その他

QRコード

メッセージBOX

パスワードはkatasumi3 

拍手ランキング

1位 プロフィール更新
1拍手
5/7〜5/14までのランキング結果です。

 

2001年。9.11から1ヶ月、米軍の報復攻撃が始まった頃、当時11歳、10歳、7歳だった子どもたちを連れてガラガラの飛行機でアメリカに到着しました。今では、子どもたちは全員独立。ニンゲンは夫婦2人になりました。 2002に迎えたコリーのクッキーは12年我が家の中心で活躍したあと、虹の橋へと旅立ちました。2004年、パピーミルの悲惨な環境からレスキューされたHopeは縁あって我が家のプリンセスになりましたが、2年7ヶ月後お空へ。その後レスキューされて来たシェルティの元?問題犬うぃるちことWillも2020年1月に天使に昇格。2016年3月からホワイトコリーのいっぽ、2019年5月からネコのたびぃが家族に加わっています。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TAMA
☆Akiさん、

そうそうそうそう!!感覚、わかります。私も同じ。自分の子に自分が「作ってあげる」のは違和感なし。でも、他人に自分の子を面倒診てもらうとき「作ってあげてね」は、あまりにもへりくだり感がなさすぎな感じですよね。そもそも、西洋文化の人々に「へりくだり」という概念をわかってもらうのが難しいので、やはり言葉は文化だなあと思いますね。

実は数年前に、古いカルピス名画劇場(だっけ?)の名犬ラッシーを見たんですが、みんなイヌや子どもにたいして「やる」とか「おまえ」とかいうコトバを使っていますね。エリザベス・テーラーが子役で出ていたラッシーでも、あの鈴のような美しい声で話される[you]は、字幕で「おまえ」と訳されていたような気がします。
時代って案外すごいスピードで変わっていくのですねー。
投稿者:AKi
下の投稿
“子分の子供”じゃなくて“自分の子供”です(T_T)
投稿者:AKi
若ぶるつもりは毛頭ないのですが実は
「コドモ」や「イヌ」や「植物」に「あげる」が間違いだというのは大人になった頃、一般常識を学習する上で知りました。
(要するに日常生活では学べなかった。若ぶるというか単にもの知らず?)
逆にお花に水を”やる”なんてちょっと乱暴ない方だなあと思っていたくらいです。
最近は”あげる”も正しいとしましょう、という記事を読んで(去年位じゃなかったですか?)やっぱりねえ〜、と思った次第です。

ただ、自分がこどもに”あげる”のは構わないのですが、他人に自分の子供に関して頼む場合はちょこっと違和感ありますね。
たとえば子供に“夕食を作ってあげるね”はOK
(以前は間違いとされていた言い方ですが違和感なし)、
自分の友人に子分の子供の分の夕食を作ってもらう場合は“作ってあげてね”、はなんというかちょっと、という感じです。
なーんて、今の若い子たちはこれにも違和感覚えないのでしょうね。
そしてこんなちょこっとの違い、、、母語じゃなきゃわかんないですよね(*^。^*)
投稿者:TAMA
☆Akiさん、

ここ最近の話だと思うのですが、なんと、「コドモ」や「イヌ」や「植物」に「あげる」も、正しい日本語として認められたらしいです(出典要確認)これで一つハードルが下がったとはいえ、何やら日本語がどんどんシンプルに簡単になっていく時代の流れにちょっとさみしいものも感じます。←この「〜もの」の使い方もちょっと前まで☓でしたよね〜。


投稿者:TAMA
☆POCHIさん、

一体どうなさいました!?フランケン脱出と共にポチでつか?
こんなの光速保存して一体何に使…あ!もしかして魔除け?
投稿者:TAMA
☆虹のパパ黒山羊さん、

母語レベルではであってもネイティブスピーカーと同じレベルであるには、やはりその文化にどっぷり使って育たないとダメな気がします。うちの子供達の英語は母語レベルではあっても、やはり幼児の頃から家庭でそのコトバを使って育っていないので、限界があるようです。もっとも、そんな限界レベルが要求されることはまずないのですが。
投稿者:Aki
上級編としては、
“息子の折り紙”だと”もらってやってくれますか?”
”お友達のお子さんの折り紙”だと”もらってあげてくれますか?”
の方が自然かなあな〜んて違いもありますよねえ。難しい@@

この漫画、TAMAさんからのオススメで読み始めて親子で楽しんでます(*^。^*) 
4巻ももちろん片隅家よりずっと早く、発売と同時に買いましたよ!(^^)! オススメありがとうございます。
投稿者:POCHI(多分改名決定でちよ)
う、うぃるち!!光速で保存しました!!
鼻血ブーレベルのかわゆさ♪堪りません!
これってアレでちか?やっぱり背中にI BITE!I BITE!I BITE!って書いてあるんでちか?(うそ)

自分は、貰ってやって下さ〜い。と、相手にお伺いを立てる事もなく、押し付けていた事が判明煤i−口ー;)母国語ですのに・・・。


投稿者:虹のパパ黒山羊
あーなるほど。「もらってくださいますか」
いきなり聞くと「へ?」ですが、シュチュエーションを聞くと一発で理解できますね。
冷静に考えると、確かにこの日本語は難解ですね。

こういうのをサラッと使えるのが「母語」なのかもしれませんね…。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ