合衆国の片隅で

アメリカ中西部暮らし、ホワイトコリーのいっぽを迎えて2人と2頭になりました。

 

画像の無断転載はご遠慮下さい。
     
 
合衆国の片隅で 旧館(2004年7月〜2006年2月14日)」はコチラ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

カレンダー

2020年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お知らせ その他

QRコード

メッセージBOX

パスワードはkatasumi3 

拍手ランキング

1位 やっと入れた
3拍手
2位 ほうれんそうの缶詰
1拍手
5/19〜5/26までのランキング結果です。

 

2001年。9.11から1ヶ月。米軍の報復攻撃が始まった頃、当時、それぞれ11歳、10歳、7歳の子どもたちを連れてガラガラの飛行機でアメリカに到着しました。今では、子どもたちは全員独立。ニンゲンは夫婦2人になりました。 2002に迎えたコリーのクッキーは12年我が家の中心で活躍したあと、虹の橋へと旅立ちました。2004年、パピーミルの悲惨な環境からレスキューされたHopeは縁あって我が家のプリンセスになりましたが、2年7ヶ月後お空へ。その後レスキューされて来たシェルティの元?問題犬うぃるちことWillと、2013年にやはりパピーミルで使われていた被虐待犬のいっぽと暮らしています。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TAMA
☆chieさん、

うんうん、quality of life ですよね。犬猫は好きなように生きていい。人間のエゴでこういう人生なのだから。

クキさんは、ここ数年ドクターのところへ行くたびに体重が減っていて、「なんでもいいからどんどん食べさせてね」って言われています。でも「あまり甘すぎたりあまり油っぽくないものなら」という注意付きなので、これがまた難しい。ケーキや唐揚げならいっくらでも食べるんですけど…。
投稿者:TAMA
☆シナモンさん、

王子に育てちゃいましたからねえ。。。虚勢張っちゃって、余計に「痛い」とか言えないのかなあ、と思います。
投稿者:chie
高齢になってきたワンコやニャンコ。
うちの猫が12歳だけど、問題は体重。
ドッグシッターの生真面目な友人は「ほらまた食べさせる!」と怒ります。
でもでも、どうなんだろう。
長生きさえすれば我慢ばかりの毎日でいいのか?
それも人間のエゴじゃないのか?
猫自身は長生きが生きる目標じゃないよね。
犬の場合も犬種特有の弱点てあって、
その場合は飼い方の問題じゃないけど、
いずれにしろ、痛くない、つらくない、気持ちいいことも沢山ある毎日にしてあげたいよね。
晩年は甘やかしてもいいじゃない。
つらいのは人間の感情だけど、
それもこれも引き受けた!
全部まとめて引き受けた!
んだもんね。
クキさん頑張らなくていい。
TAMAさん頑張れ。




投稿者:シナモン
動物は眼だけで訴えて、しかも精一杯頑張るから・・・
その姿が健気で、せつないですね。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ