合衆国の片隅で

アメリカ中西部暮らし、コリー1頭ネコ1匹人間2人になりました。

 

画像の無断転載はご遠慮下さい。
     
 
合衆国の片隅で 旧館(2004年7月〜2006年2月14日)」はコチラ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

カレンダー

2022年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お知らせ その他

QRコード

メッセージBOX

パスワードはkatasumi3 

拍手ランキング

1位 プロフィール更新
1拍手
5/7〜5/14までのランキング結果です。

 

2001年。9.11から1ヶ月、米軍の報復攻撃が始まった頃、当時11歳、10歳、7歳だった子どもたちを連れてガラガラの飛行機でアメリカに到着しました。今では、子どもたちは全員独立。ニンゲンは夫婦2人になりました。 2002に迎えたコリーのクッキーは12年我が家の中心で活躍したあと、虹の橋へと旅立ちました。2004年、パピーミルの悲惨な環境からレスキューされたHopeは縁あって我が家のプリンセスになりましたが、2年7ヶ月後お空へ。その後レスキューされて来たシェルティの元?問題犬うぃるちことWillも2020年1月に天使に昇格。2016年3月からホワイトコリーのいっぽ、2019年5月からネコのたびぃが家族に加わっています。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TAMA
☆chieさん、

やっぱり、目のやり場にちょっと困っちゃいますよねえ?でも、既にプロのバレエ団の練習風景なんか見ても半分くらいこのスタイルになってました。
アメリカのバレエの基準は日本よりも緩いかもしれません。見るからに「バレリーナ!」って人もいますが、意外とそうでもない人も…(笑) もちろん踊ったらもちろんホンモノですけど。

私みたいな大人から組は、どんなことがあっても一生ああはなれませんわー。
投稿者:chie
これはほんとに結構すごい(笑)
レオタードの上からストッキングはいてるみたい。
どうしてもと言うなら黒にしたら?だよねー。

新宿からすぐの所に新国立劇場があってね、
バレエ研修所が併設されてるのね、
劇場周辺のカフェテリアでお茶してると生徒さんが通るの。
生徒だってわかるのはその姿勢!
その歩き方!
空から吊ってるかのようにまっすぐなその姿。
同じ人間とは思えないほど美しい。
TAMAさんもそうなんだろうなー。
とうらやましく思う。


投稿者:TAMA
☆シナモンさん、

うーん。こちらに来てしみじみ感じたのですが、そもそも、というか、もともと、というか違うんですよね。バレエが普通に社会に「ある」文化と、あくまでも「一部の特殊な人達のお稽古事」の日本と。
こっちでも、バレエの舞台なんてほとんど行かない人が多いですが、それでも「バレエダンサー」というのが本当に普通にいる存在で…。年末のくるみ割り人形なんかは、たとえ普段「フットボール!」「野球!」の家族でも着飾って出かけたりしますしね。

こちらのダンサーたちももちろんすごいし、努力していますが、日本の子たちみたいに、本当に何もかも全てを捨ててバレエに捧げて…ということまでしなくても普通にダンサーになれる環境がやはり違うのだと思います…。日本のバレエのレベルは高いのに、残念なことですよね。
投稿者:シナモン
今朝の毎日新聞に、日本ではバレエはお稽古の範囲を出られない、約40万人と言われるバレエ教室へ通う生徒の殆どが舞台を観にいこうとしないという記事が出ていました。
だから、優秀なバレリーナが海外へ流出してしまうのだということを言いたいみたいです。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ