合衆国の片隅で

アメリカ中西部暮らし、ホワイトコリーのいっぽを迎えて2人と2頭になりました。

 

画像の無断転載はご遠慮下さい。
     
 
合衆国の片隅で 旧館(2004年7月〜2006年2月14日)」はコチラ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

カレンダー

2020年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お知らせ その他

QRコード

メッセージBOX

パスワードはkatasumi3 

拍手ランキング

1位 うぃるちへの愛
2拍手
2位 ありがとう うぃるち
1拍手
3位 好々爺うぃるち
1拍手
1/22〜1/29までのランキング結果です。

 

2001年。9.11から1ヶ月。米軍の報復攻撃が始まった頃、当時、それぞれ11歳、10歳、7歳の子どもたちを連れてガラガラの飛行機でアメリカに到着しました。今では、子どもたちは全員独立。ニンゲンは夫婦2人になりました。 2002に迎えたコリーのクッキーは12年我が家の中心で活躍したあと、虹の橋へと旅立ちました。2004年、パピーミルの悲惨な環境からレスキューされたHopeは縁あって我が家のプリンセスになりましたが、2年7ヶ月後お空へ。その後レスキューされて来たシェルティの元?問題犬うぃるちことWillと、2013年にやはりパピーミルで使われていた被虐待犬のいっぽと暮らしています。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TAMA
★たいゆうさん、
まさかと思いました。スタッフの人も「もう私たちみんな泣きそうになったわ」と言ってましたよ。これほど多くの人に幸せを願ってもらえる犬も少ないかもしれませんね。

http://navy.ap.teacup.com/katasumi3/
投稿者:TAMA
★シナモンさん、
Pyper、凶暴な「女の子」だったんです(笑)。やはりどこかに縁があるんでしょうね。
日本にはあまり[No Killシェルター」ってないんですよね。だからこそ、殺処分されてしまう数日のうちに里親捜しをしてくれれば…と思うのですが、多くのセンターではそういう手間も予算もかけられないようです。
今日もこの瞬間に苦しみながら窒息死させられている動物たちがいるのかと思うとやりきれません。

http://navy.ap.teacup.com/katasumi3/
投稿者:たいゆう
↓会ではなく甲斐です、たぶん。

http://silver.ap.teacup.com/thelittlehouse/
投稿者:たいゆう
11年も待っていた会がありましたね、良かった良かった〜。

http://silver.ap.teacup.com/thelittlehouse/
投稿者:シナモン
シェルターと、題名にあると、また何事かと慌てて見にきてしまいました。
ハイパー君、よかったですね!!
今は外出が多いので、動物は一切飼わないと決めて、庭にくる野鳥にパンくずを捲くだけですが、(尾長が20羽ほども集団でやってきます)、次に飼う時には、こういうところから引き取るのも考慮します。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ