合衆国の片隅で

アメリカ中西部暮らし、ホワイトコリーのいっぽを迎えて2人と2頭になりました。

 

画像の無断転載はご遠慮下さい。
     
 
合衆国の片隅で 旧館(2004年7月〜2006年2月14日)」はコチラ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

カレンダー

2020年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お知らせ その他

QRコード

メッセージBOX

パスワードはkatasumi3 

拍手ランキング

1位 今年の家庭菜園事情
3拍手
2位 念願の白いアイビーゼラニウム
1拍手
7/4〜7/11までのランキング結果です。

 

2001年。9.11から1ヶ月。米軍の報復攻撃が始まった頃、当時、それぞれ11歳、10歳、7歳の子どもたちを連れてガラガラの飛行機でアメリカに到着しました。今では、子どもたちは全員独立。ニンゲンは夫婦2人になりました。 2002に迎えたコリーのクッキーは12年我が家の中心で活躍したあと、虹の橋へと旅立ちました。2004年、パピーミルの悲惨な環境からレスキューされたHopeは縁あって我が家のプリンセスになりましたが、2年7ヶ月後お空へ。その後レスキューされて来たシェルティの元?問題犬うぃるちことWillと、2013年にやはりパピーミルで使われていた被虐待犬のいっぽと暮らしています。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TAMA
☆みかさん、
それそれ。そういう時代だったんでしょうね。でもね、うちの舞台のネズミたち、「お金持ちの家のネズミ」っていう設定のもと、みんなまん丸に太ってるんですよ。お腹妊婦さんみたい。
でもね、こっちの人ってまるでゴキブリみたいにねずみを嫌ってるんですよ。スリッパで叩き殺そうとするんですから。。。たまーにバレエ教室に出たりします。私一人、心の中で「逃げて〜!」って叫んでます。
投稿者:みか
いやあ、一つの公演を成り立たせるのって、本当に大変なことですね。
繕いものから何から、本当にお疲れ様でした。

ところで。
先日、NHKのBSで、英国ロイヤルバレエの日本人プリンシパルたちのドキュメンタリー番組を見てたんですけどね、その中で、彼らがくるみ割り人形で、金平糖の精と王子を踊るのを見ながら、ふと、思ったんです。

そうか、原作を書いたホフマンの時代、こんなお金持ちのお屋敷でも、ねずみがぞろぞろ出るのがあたりまえ、っていうことだったんだなあ、って。
子供が寝てるそばを、ねずみが走り抜ける、とか、普通だったんでしょうね。
パーティの豪華なお菓子だって、ねずみが舐めていたに違いない……。
だから、くるみ割り人形が登場して、おもちゃの兵隊をリードして、ねずみをやっつけなければいけなかったわけだ……。
なんか、へんな方に想像が行ってしまいました。はは。

っていうか、くるみ割り人形のバレエをこれまで何度も見ながら、そういうことまで、想像が及んでいませんでした。
ただ、おなじみの旋律がいっぱい出てきて、いろんな踊りを総花的に見られる、クリスマスの定番の作品だ、としか、思っていなかったんです。

ねずみって、メルヘンに登場するキャラクターとしては、定番の動物ですけど、それだけ、いつも、生活に近いところにいた、ってことなんですね。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ