合衆国の片隅で

アメリカ中西部暮らし、ホワイトコリーのいっぽを迎えて2人と2頭になりました。

 

画像の無断転載はご遠慮下さい。
     
 
合衆国の片隅で 旧館(2004年7月〜2006年2月14日)」はコチラ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

カレンダー

2020年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お知らせ その他

QRコード

メッセージBOX

パスワードはkatasumi3 

拍手ランキング

1位 念願の白いアイビーゼラニウム
1拍手
2位 今年の家庭菜園事情
1拍手
7/2〜7/9までのランキング結果です。

 

2001年。9.11から1ヶ月。米軍の報復攻撃が始まった頃、当時、それぞれ11歳、10歳、7歳の子どもたちを連れてガラガラの飛行機でアメリカに到着しました。今では、子どもたちは全員独立。ニンゲンは夫婦2人になりました。 2002に迎えたコリーのクッキーは12年我が家の中心で活躍したあと、虹の橋へと旅立ちました。2004年、パピーミルの悲惨な環境からレスキューされたHopeは縁あって我が家のプリンセスになりましたが、2年7ヶ月後お空へ。その後レスキューされて来たシェルティの元?問題犬うぃるちことWillと、2013年にやはりパピーミルで使われていた被虐待犬のいっぽと暮らしています。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TAMA@iPhone
追記です
ググってみてびっくり!こんなイベントがヶ月に100以上行われているみたい!どれだけ人気なんだ、南北戦争。。。
https://civilwartraveler.com/may/
投稿者:TAMA@iPhone
☆みかさん、
ああ、ごめんなさい!確かにわかりにくかったです。🙇♀
この、historical dance groupが私の所属しているスクール(のうちの一つ)の舞台にゲストとして毎年出演しているんです。そもそもはバレエの衣装ではなく、その時代の服装で、その時代のダンスを踊っています。なので各時代に合わせてドレスが必要。昼と夜とでデザインも違う…とか、何故か大変な趣味に首を突っ込んでしまったわけです。(後の祭り)
南北戦争と、くるみ割り人形って、大陸が違いますが、舞台の時代はざっくり言えばちょっと被ってるわけで、そんなことも世界史に疎い私には発見だったりしたのでした。
この南北戦争のreenactment 、イメージ検索するとすごいですよ。
https://www.google.com/search?q=reenactment&ie=UTF-8&oe=UTF-8&hl=en-us&client=safari
投稿者:みか
ああ、北軍として戦った州だったのですね。アンダーグラウンドレイルロードって、子供の頃に「アンクルトムズ・キャビン」で初めて知ったのを、思い出しました。

そして、南北戦争の再現って、全国的な趣味なんですね。すごいなあ。しかも、それには、衣装の再現もついてまわるわけですね。

いえ、私、ドレスを作られるっていうので、くるみ割り人形で着ていらした舞台用のドレスを作り直すのかな、って思ったんです。
そのために、型紙を購入されたのかな、って。
なので、あのチャンネルで紹介されている情報って、もしかしたら、型紙作成にお役に立つのかな、って思ったのですが。
でも、それとまた別に、TAMAさんが所属しておられるこのグループの活動のために、作成されるんでしょうか。いずれにしても、ドレスメイカーやテイラーもいるなら、そういった人たちのほうが、きっと、ドレスの構造なんかについても、お詳しいんでしょうね。
投稿者:TAMA@iPhone
☆みかさん、
こういうイベントは全国的に行われているみたいですよ。歴史を再現する(特に南北戦争)のが大好きな人がたくさんいて、一つの趣味のジャンルなんですね。私が所属しているグループもそういうのの一種で、紹介してくださったチャンネルのようなことを一年中やってます。これはバレエとは別なんです。仲間にはドレスメーカーも、テイラーもいます。皆さんの知識には一生かけても追いつけません。ちなみにここは北軍として戦った州で、うちのバレエスクールの建物はかつて逃亡奴隷をカナダなどの州に逃がすための中継地、アンダーグラウンドレイルロードでした。

それより、核合意なんて鼻濁音で言われた日には逆毛が立ちそうな私です。

投稿者:みか
こういうイベントがあるってことは、TAMAさんがお住まいのところって、南部方面なんでしょうか……。南部同盟の旗なんか、出てきたりとか?

話は飛びますが、このあいだ、テレビ見てたら、「核合意」も鼻濁音でした。
もう、鼻濁音に耳が汚染されてる気分。

さて、ドレスの作り方ですが。
西洋の各時代・各地域のドレスのことがよくわかる、↓のYouTuberのページ、もしかしたら、すでにご存じですか?
priorattire
https://www.youtube.com/channel/UCrR0r23WBVav42inmqWa6_A
構造や着付け方が紹介されている服には、ヴィクトリア朝のもルネサンスのもロココのも、いろいろあります。
この方、イギリスで、世界のあちこちからオーダーを受けて各時代の服を縫う工房を営んでいるようで(ミシンでバリバリ縫っちゃうみたい)、それだけでなく、年に一度、あるお屋敷を借りて、みんなでビクトリア朝の服を着てダンスをしたり庭のお散歩をしたりする3日間くらいの合宿も企画したりしているようです。
まあ、でも、バレエの衣装となると、勝手が違うかも?
投稿者:TAMA@iPhone
☆シナモンさん
私の時代も正式には筆記体を教わりませんでしたよ。多分、私がクラスで1人か2人の筆記体で答案を書く子供だった記憶があります。(綴りが不安な時にごちゃごちゃっとしてると大目に見てもらえるんじゃないかという計算をする姑息な中学生でした)
それより、驚くなかれ、アメリカでも従来2〜3年生で教えられていた筆記体(を書く授業)が最近はキーボードタイピングに取って代わられている様子です。今のところ各学区の裁量でどちらを教えるか決めているようですが。「筆記体なんてサインするときしか使わないでしょ!」というのが言い分らしいですが。たしかに書く機会は少ないかもしれないけど筆記体読めないとめちゃくちゃ困ります。
投稿者:シナモン
筆記体は癖がありますから、読みにくいですよね。
それにしても、日本では去年辺りから筆記体を公立中学では教えていないらしいですよ。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ