合衆国の片隅で

アメリカ中西部暮らし、ホワイトコリーのいっぽを迎えて2人と2頭になりました。

 

画像の無断転載はご遠慮下さい。
     
 
合衆国の片隅で 旧館(2004年7月〜2006年2月14日)」はコチラ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

カレンダー

2020年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お知らせ その他

QRコード

メッセージBOX

パスワードはkatasumi3 

拍手ランキング

1位 やっと入れた
3拍手
2位 ほうれんそうの缶詰
1拍手
5/19〜5/26までのランキング結果です。

 

2001年。9.11から1ヶ月。米軍の報復攻撃が始まった頃、当時、それぞれ11歳、10歳、7歳の子どもたちを連れてガラガラの飛行機でアメリカに到着しました。今では、子どもたちは全員独立。ニンゲンは夫婦2人になりました。 2002に迎えたコリーのクッキーは12年我が家の中心で活躍したあと、虹の橋へと旅立ちました。2004年、パピーミルの悲惨な環境からレスキューされたHopeは縁あって我が家のプリンセスになりましたが、2年7ヶ月後お空へ。その後レスキューされて来たシェルティの元?問題犬うぃるちことWillと、2013年にやはりパピーミルで使われていた被虐待犬のいっぽと暮らしています。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TAMA
☆chieさん、
味噌作りのドタバタかあ。やらかしてくれましたっけね。我が家きっての運動音痴が。あれは毎年の大仕事でした。実は今も麹と大豆がパントリーに鎮座してまして、すでに消費期限切れてる。。。。
うぃるちは、家に入らなかったのではなく入れてもらえなかったのです。年功序列の犬社会だから、我が家は。今は存分に甘やかしてもらってますよ。。。と言いたいところですがイマイチ弟に言葉も動作も通じないので時々頭の上飛び越えられたりとかしてお怒りのご老犬です。
確かにスケールは大きくなります。というかどんどん適当に大雑把に。日本人の繊細さはあの湿気に満ちた空気と小さく区切られた空間の中で育てられるものなんだろうなあと思います。長いこと見守ってくださっててありがたいです。
投稿者:TAMA
☆まーーーっ!KYOさま!
気づかずってか、忘れ去られてただけざますわん。だって何も変えてないもん。ぎゃはははは
KYOサマのブログ見つかりません〜トラバたどっても出てこないし、どこだよ〜!?
投稿者:chie
家族の歴史そのものですね。
私はホプちゃん時代を知らなくて、クッキーとウィル君からおじゃまし始めたんだと思う。
その頃一番笑ったのが味噌作り現場のドタバタ(笑)目に浮かぶようで毎回笑いました。
噛み犬ウィル君の矯正も噛まれ放題で凄かった(笑)
でもウィル君はどんなに寒くても、
お兄ちゃんのクッキーより先に部屋に入ることは無かった。
いつも感動しました。

それにしても日本に居たらもっと平凡でつまんない生活だったと思う。
ワンコだって大型犬二匹なんて無理だしね〜〜
やっぱり海外に出ると全てスケールが大きくなるんだねー。

投稿者:KYO
足跡コメント一番乗り!
てかまだブログやっていらっしゃったんですね、超ビックリ(゚д゚)!
ちっとも気づかず、大変失礼致しました〜

実は私もまだやっておりまつw
このブログはそこから参りました〜
さてどこでしょう?
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ