合衆国の片隅で

アメリカ中西部暮らし、ホワイトコリーのいっぽを迎えて2人と2頭になりました。

 

画像の無断転載はご遠慮下さい。
     
 
合衆国の片隅で 旧館(2004年7月〜2006年2月14日)」はコチラ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

カレンダー

2020年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お知らせ その他

QRコード

メッセージBOX

パスワードはkatasumi3 

拍手ランキング

1位 やっと入れた
3拍手
2位 ほうれんそうの缶詰
1拍手
5/19〜5/26までのランキング結果です。

 

2001年。9.11から1ヶ月。米軍の報復攻撃が始まった頃、当時、それぞれ11歳、10歳、7歳の子どもたちを連れてガラガラの飛行機でアメリカに到着しました。今では、子どもたちは全員独立。ニンゲンは夫婦2人になりました。 2002に迎えたコリーのクッキーは12年我が家の中心で活躍したあと、虹の橋へと旅立ちました。2004年、パピーミルの悲惨な環境からレスキューされたHopeは縁あって我が家のプリンセスになりましたが、2年7ヶ月後お空へ。その後レスキューされて来たシェルティの元?問題犬うぃるちことWillと、2013年にやはりパピーミルで使われていた被虐待犬のいっぽと暮らしています。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TAMA
☆chieさん、
まあ、アメリカ人って本当に多種多様なので、こういう人たちも(多数)いるって程度なのでしょうけどね。そうそう、これは南北戦争。でね、先日、独立記念日のイベントに今度は我々のグループも公式に招かれて踊ってきたんですよ。南北戦争から更に遡って独立戦争なんですけれども独立宣言の力強いスピーチを聞いていてかなりムカついてしまいました。当時としては「おう!我々アメリカ人は一丸となって戦うぜ!」みたいなノリになったのでしょうけれど、今それを再現されてもドン引きでした。女性のメンバーたちは「あの時代は男が威張っていられたからねー、みんなそれが恋しいだけなのよ」なんてシャラーと言いのけてましたけど。
投稿者:TAMA
☆シナモンさん、
日本は常にガラパゴスですねえ。それにしても戦争や軍人に対する意識が正反対なのに驚かされます。
投稿者:chie
前の記事でもこのイベントのこと見て、
アメリカ人て不思議〜
それほど昔の事じゃないのに勝利品?は骨董品になるのか?とわけわからん。でした。

今日の記事で少し納得。
好きなんだ戦争ごっこ。ひょえーー。
写真じゃわからないけど動画ってすごい。
すぐそこでドカーンていうの見たら恐かった。
ごっこのうちはいいけどさー・・・

綺麗なコスプレとドカーンはそぐわないね。
南北戦争でしょ?この時代。
風と共に去りぬを思い出す。
あれの最後もすごかった。
「明日は明日の風が吹くわ〜〜」って、
ポジティブすぎて呆気にとられたもん。
投稿者:シナモン
米国が完全に勝った最後の国が日本だそうで、戦後処理もうまくいった最後の国が日本。それ以降うまくいかないのは何故なんだろうと言われてもね・・・
たまたま日本がガラパゴス化している国だからじゃないでしようか?
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ