合衆国の片隅で

アメリカ中西部暮らし、ホワイトコリーのいっぽを迎えて2人と2頭になりました。

 

画像の無断転載はご遠慮下さい。
     
 
合衆国の片隅で 旧館(2004年7月〜2006年2月14日)」はコチラ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

カレンダー

2020年
← February →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

お知らせ その他

QRコード

メッセージBOX

パスワードはkatasumi3 

拍手ランキング

過去1週間の間に拍手はありません。

 

2001年。9.11から1ヶ月。米軍の報復攻撃が始まった頃、当時、それぞれ11歳、10歳、7歳の子どもたちを連れてガラガラの飛行機でアメリカに到着しました。今では、子どもたちは全員独立。ニンゲンは夫婦2人になりました。 2002に迎えたコリーのクッキーは12年我が家の中心で活躍したあと、虹の橋へと旅立ちました。2004年、パピーミルの悲惨な環境からレスキューされたHopeは縁あって我が家のプリンセスになりましたが、2年7ヶ月後お空へ。その後レスキューされて来たシェルティの元?問題犬うぃるちことWillと、2013年にやはりパピーミルで使われていた被虐待犬のいっぽと暮らしています。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TAMA
☆みかさん、素敵ですねーそのミニ旅館。でもネコ預かって知ったんですが、猫砂の散らかること!掃除してもしてもザラザラでキーッてなります。しかも無臭に保つって大変!
投稿者:みか
こんにちは。
そういえば、このあいだ、TVで見たのだけど、複数のネコを保護しているあるミニ旅館のおかみさんが、ネコたち同士も気が合う・合わないというのがあるから、ということで、ネコたちのために部屋を4つも使っていました。
ちなみに、ここ、もう廃業しようかと思っていたのに、ネコのおかげで国内外からお客さんが来るようになって、経営も存続しているんだそうです。
ネコのお世話については、毎日ボランティアスタッフが通ってきて、エサ作りや頻繁なお掃除をしているので、どのお部屋も無臭だそうです。
投稿者:TAMA
☆chieさん
喧嘩しないかなあ。ここだけの話だけど、Hg姉さんイジワルなのよぉ〜。犬と言わずネコと言わず気に入らないとひっぱたく。手が早い。
そしてなぜかいっぽがネコに狩猟本能刺激されてるっぽい。いっぽのくせに。。。
投稿者:chie
猫は手ごわいぞ(笑)
元々集団生活をしない動物だからね。
相性が悪い相手とは猫同士も距離を置く。
相性いいと舐めあったりひっついて寝たりラブラブになる。
そこんところ人間と似てます(笑)

喧嘩の心配はないでしょう。
うまく住み分けしてよそよそしく過ごすと思います(笑)
投稿者:TAMA
☆シナモンさん
なるほど、それはそうですよね。仲良しの犬猫は珍しいんだ。いっぽの性格なら…と思ったのですが甘かった。
投稿者:シナモン
めったに仲良くなることがないから、珍しくてニュースになるのでしょうね。
生後4ヶ月以内の赤ちゃんの時から飼うと良いと聞いたことがありますけど、もう皆大人だから、無理でしょう。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ