合衆国の片隅で

アメリカ中西部暮らし、ホワイトコリーのいっぽを迎えて2人と2頭になりました。

 

画像の無断転載はご遠慮下さい。
     
 
合衆国の片隅で 旧館(2004年7月〜2006年2月14日)」はコチラ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

カレンダー

2020年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お知らせ その他

QRコード

メッセージBOX

パスワードはkatasumi3 

拍手ランキング

1位 好々爺うぃるち
1拍手
2位 ありがとう うぃるち
1拍手
3位 プロフィール更新
1拍手
1/14〜1/21までのランキング結果です。

 

2001年。9.11から1ヶ月。米軍の報復攻撃が始まった頃、当時、それぞれ11歳、10歳、7歳の子どもたちを連れてガラガラの飛行機でアメリカに到着しました。今では、子どもたちは全員独立。ニンゲンは夫婦2人になりました。 2002に迎えたコリーのクッキーは12年我が家の中心で活躍したあと、虹の橋へと旅立ちました。2004年、パピーミルの悲惨な環境からレスキューされたHopeは縁あって我が家のプリンセスになりましたが、2年7ヶ月後お空へ。その後レスキューされて来たシェルティの元?問題犬うぃるちことWillと、2013年にやはりパピーミルで使われていた被虐待犬のいっぽと暮らしています。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TAMA
☆chieさん
明るいところで見ると、やっぱり少し濁っているんですよね。ドクターは、まあかなりのお歳だからこんなもんでしょうというスタンスでした。でもまだあちこちぶつかるほどじゃいからある程度は見えてると思います。ただご飯を食べる時、距離感がわからないのか、歯が歯茎ごとガンガン食器の底に当たるんです。心配になるほど。
そうか、我々もいずれはお爺さんになるのか。。。うぉぉぉ。。。
ここまで来たので、なんとか天寿を全うしてほしいです。

投稿者:TAMA
☆シナモンさん
外でちゃんと道がわかるし段差もなんとか越えられるのでまったく見えていないわけではなさそうですが、かなり悪いようです。相変わらず怒りっぽい爺さんです。
投稿者:chie
えーそうですか?
私、目が見えないとは思えないと書こうと思ってた。
真っ黒な綺麗な目なんだもん。

友人ちのワンコは目が見えなくなってからあちこちぶつかってました。
二階の階段から落ちてからはワンコドアが付いてた。

さすがに老けたかなと思うのは
お顔がひなたぼっこのお婆さんになった。
人間もね、年取るとお爺さんがお婆さんにお婆さんがお爺さんになりません?

特別食、豪華でこのまま人間の保存食にもなりそう。
ほんとこんな幸せなワンコいないよーーー。
投稿者:シナモン
顔のアップ写真を見ると、目はほとんど見えていないようですね。
ウイル君、TAMAさんのところに来て、幸せでしたね、最後まで、頑張れ!
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ