合衆国の片隅で

アメリカ中西部暮らし、ホワイトコリーのいっぽを迎えて2人と2頭になりました。

 

画像の無断転載はご遠慮下さい。
     
 
合衆国の片隅で 旧館(2004年7月〜2006年2月14日)」はコチラ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

カレンダー

2019年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お知らせ その他

QRコード

メッセージBOX

パスワードはkatasumi3 

拍手ランキング

1位 最近忙しくて…
1拍手
2位 コリーの時計
1拍手
9/11〜9/18までのランキング結果です。

 

2001年。9.11から1ヶ月。米軍の報復攻撃が始まった頃、当時、それぞれ11歳、10歳、7歳の子どもたちを連れてガラガラの飛行機でアメリカに到着しました。今では、社会人になって東京で働く子あり、他州で大学に通いながら働く子あり、州内で大学生の子あり。 2002に迎えたコリーのクッキーは12年我が家の中心で活躍したあと、虹の橋へと旅立ちました。2004年、パピーミルの悲惨な環境からレスキューされたHopeは縁あって我が家のプリンセスになりましたが、2年7ヶ月後お空へ。その後レスキューされて来たシェルティのWill(本名真茶郎、通称うぃるち)は問題を抱えながらも家庭犬として修行中。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TAMA
☆chieさん、
オルレアってちょっとレースフラワーみたいですね。こっちにもいっぱいあります。
昨夜というか今朝早く4時半頃、いっぽが外に出せとうるさいので出したらなんと中庭、それもポーチのすぐ外にシカが。夜明け前の大運動会になってました。惚れ惚れするようなフォームでフェンスをサクッと飛び越えて行きましたよ。たびぃちゃんは片っ端から袋に穴開けてくれるけど、苗は食べない…でも観葉植物はボロボロです。毒があると言われるポトスには手を付けないのでけっこうわかってるのかもしれません。
投稿者:TAMA
☆シナモンさん、
可愛いというサイズでもないというか…。雪が降るとあまりの交通ラッシュにびっくりします、うちの庭。シカにウサギにリスにオポッサムにグラウンドホグが常連で、他にアライグマもいるみたいなんですが私はほとんど見たことないんです。生きてるのは。キツツキは塞いでも塞いでも壁に穴を開けてくれてます(T_T)。
投稿者:TAMA
☆黒ヤギさん、
26年ぶりの冷夏とか…。こちらもこちらで雨が記録的に降ったり何週間も降らなかったり。
投稿者:chie
うちではオルレアが種で勝手に咲いています。なかなか人気です。
鹿がフェンスを飛び越える姿見て見たい!
鹿さんより悪いのがたびぃちゃんなんだ(笑)
投稿者:シナモン
鹿がちょろちょろしてくれたら、可愛いな。
我が家では、トカゲがちょろちょろしている程度、鳥は椋鳥・シジュウカラ・雀・キジバト、ごくたまーにキツツキ。 
投稿者:虹のパパ黒山羊
日本は天候不順でキュウリが絶滅危惧です………。トマトも葉が黄色く成ってしまって青息吐息…。(/_;)
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ