合衆国の片隅で

アメリカ中西部暮らし、ホワイトコリーのいっぽを迎えて2人と2頭になりました。

 

画像の無断転載はご遠慮下さい。
     
 
合衆国の片隅で 旧館(2004年7月〜2006年2月14日)」はコチラ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

カレンダー

2020年
← February →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

お知らせ その他

QRコード

メッセージBOX

パスワードはkatasumi3 

拍手ランキング

過去1週間の間に拍手はありません。

 

2001年。9.11から1ヶ月。米軍の報復攻撃が始まった頃、当時、それぞれ11歳、10歳、7歳の子どもたちを連れてガラガラの飛行機でアメリカに到着しました。今では、子どもたちは全員独立。ニンゲンは夫婦2人になりました。 2002に迎えたコリーのクッキーは12年我が家の中心で活躍したあと、虹の橋へと旅立ちました。2004年、パピーミルの悲惨な環境からレスキューされたHopeは縁あって我が家のプリンセスになりましたが、2年7ヶ月後お空へ。その後レスキューされて来たシェルティの元?問題犬うぃるちことWillと、2013年にやはりパピーミルで使われていた被虐待犬のいっぽと暮らしています。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TAMA
☆neeさん
お久しぶりです。噛み噛みドッグ、どんなだったかすっかり忘れていて、このたび「問題犬」のカテゴリー読み返してびっくりでした。ここまですごかったんだっけ。。。晩年好々爺のイメージに塗り替えられて忘れていました。
うぃるちも何度か、痴呆が始まったか?と思われることがありましたが、無事に送り出すことができました。。。家族の死は何度経験しても慣れないですね。
投稿者:TAMA
☆黒山羊さん、虹の橋のこちら側で待っていてくれているという説もあります。どちらにしても元気な体に戻ってくれたとと思います。
投稿者:nee
お久しぶりです。
久々に見にきてみたら、うぃるち旅立ったんですね。噛み噛みドッグ大変そうだなって思ってたのがつい昨日の事のようです。
噛みまちよって決まり文句が似合いすぎてました。
結局幸せに暮らして、あんな穏やかなお顔になって旅だったんだねぇ。楽しかったろうなぁ。
TAMAさんもご家族もお疲れ様でした。
うちも年末年始は怒涛の毎日でした。15歳8ヶ月になった我が家の柴っ子は痴呆が悪化して叫ぶ毎日でした。今はショートステイでお世話になってて、もう少し落ち着いたら最後の旅立ちまで家で過ごす予定です。柴犬は痴呆が多いんですよ。
うぃるちみたいに穏やかなお顔で送り出したいです。
投稿者:虹のパパ黒山羊
虹の橋を渡ったのですね……。
投稿者:TAMA
☆kieaさん
ありがとうございます。当時を知る方々からこんなにコメントをいただけるなんて想像もしませんでした。
私の場合は思いやりというよりは単純に我が子になってしまうだけなのですが…ほんとうに手のかかる子ほど愛おしい。大変な子でした。それが柔らかく、弱くなっていくのを見るのは切なかったです。まあ、最後までいっぽには意地悪だったんですけどね。。。
次の犬が自分の年齢との相談になるのに、とても共感します。正直、今の私にはとてもうぃるちは育てられないし、ましてや十数年後の介護は難しいと思いますから。
私の周りでは、老後、フォスターなどのボランティアで犬と関わる方が多いです。それも良さそうじゃないですか?

長く見守ってくださってありがとうございました。皆さんの支えがあったからこそ、あの訓練の日々を乗り越えられたと思っています。皆さんがうぃるちの恩人です。

https://navy.ap.teacup.com/katasumi3/
投稿者:TAMA
☆みかさん
お久しぶりです。昔のことをよく覚えていてくださってとても嬉しいです。12年長かったですね。
あの頃何度も「あと十数年もこんな緊張が続くのかと思うと耐えられる自信がない」なんて弱音吐いてましたが、大変だったのはほんの5年くらいでした。最後まで色々な人を噛んでましたが…幸い、皆さん笑って許してくれました。(泣いた子も数人…)
きかん坊がおじいさんになって老衰で亡くなりました。巨星なんて言ってもらえてきっとうぃるちも大喜びです。クキさんが嫉妬しそう。
長く見守ってくださってありがとうございました。
投稿者:kira
うぃるちくんが引き取られたときから知っているからか、人様のワンちゃんが亡くなって目に涙が溜まったのは初めてです。

そして、改めてTAMAさんご家族の動物に対する思いやりの深さに頭が下がります。
私は2年前に愛犬(16歳)を亡くし、その後もまた育てたいとの思いが何度もありましたが、自分の年齢を考えて最後までお世話をできないかも・・・と、諦めてます。

お疲れ様でした。
投稿者:みか
うぃるちくん、亡くなったのですね。

確か、最初は、ほぷちゃんが亡くなったあと、娘さんが、シェルターにいたうぃるちくんを見つけて、この子を買いたい、っておっしゃったことがきっかけだったんですよね。

その頃から、TAMAさんのブログでうぃるちくんの噛み犬っぷりをずっと拝見していて、ああ、うぃるちくんって、前の飼い主から受けた虐待のトラウマがあったのかもしれないけど、自分を守って生きることに必死で、頑張り屋さんなんだな、と思って、記事を読ませていただいてきました。

うぃるちくんのトレーニングにも、TAMAさん、ずいぶん、いろいろと試行錯誤されていましたよね。

そして、その、まだ幼さが残っていてきかん坊だった、あのうぃるちくんが、おじいさんになって、生涯を終えただなんて。

うぃるちくん、本当に彼ならではのwillを貫いて、生き抜いたんですね。

さっきから、『巨星落つ』というコトバが、思い浮かんでなりません。
うぃるちくん、そんなに大柄ではなかったけど、存在感が大きかったから。

そして、そんなうぃるちくんを最後までお世話し続けたTAMAさん、お疲れ様でした。
投稿者:TAMA
☆mufmufさん、お久しぶりです。うぃるちの暴れん坊将軍をご存知の方と話すのが嬉しいです。きゃんぷバウワウの見守り隊、していただきましたね。若かったな、うぃるち。元気いっぱいで、いつかこんな日が来ることが想像できませんでした。いつも緊張いっぱいで大変だったことも今になって思い出しましたが、晩年は可愛いくて、愛おしい我が子でした。

日本へ戻られたのですね。またときどき遊びに来ていただけたら嬉しいです。
投稿者:TAMA
☆chieさん、実はあれは古い写真なの。実際には大晦日にはいっぽだけがお風呂屋さんに行きました。それはそれですごかった。。。

うぃるちはここのところ体調を崩していて、お風呂に入れられる状態でなかったのが心残りです。プールもお風呂も好きな子だったから、もっと水につけてあげたかった。

今回、病院に連れて行ってどうにかなるものではなかったのが却って幸いだったと思います。猫ちゃんの最期は辛かったですね。もらい泣きしました。
みんな今は幸せにくらしていますね。
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ