合衆国の片隅で

アメリカ中西部暮らし、ホワイトコリーのいっぽを迎えて2人と2頭になりました。

 

画像の無断転載はご遠慮下さい。
     
 
合衆国の片隅で 旧館(2004年7月〜2006年2月14日)」はコチラ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

カレンダー

2020年
← February →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

お知らせ その他

QRコード

メッセージBOX

パスワードはkatasumi3 

拍手ランキング

過去1週間の間に拍手はありません。

 

2001年。9.11から1ヶ月。米軍の報復攻撃が始まった頃、当時、それぞれ11歳、10歳、7歳の子どもたちを連れてガラガラの飛行機でアメリカに到着しました。今では、子どもたちは全員独立。ニンゲンは夫婦2人になりました。 2002に迎えたコリーのクッキーは12年我が家の中心で活躍したあと、虹の橋へと旅立ちました。2004年、パピーミルの悲惨な環境からレスキューされたHopeは縁あって我が家のプリンセスになりましたが、2年7ヶ月後お空へ。その後レスキューされて来たシェルティの元?問題犬うぃるちことWillと、2013年にやはりパピーミルで使われていた被虐待犬のいっぽと暮らしています。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TAMA
☆chieさん、 こ、コーギー!?
最期の半年ほど、甲状腺の薬を飲んだおかげで体重がスルスルと減り、丸くなくなっちゃったんですけどね。
そうねえ。どっちにしても後悔するよね。うぃるちも、一時期太りすぎて立てなくなっちゃったし、そうなったらやっぱり可哀想なダイエットをするしかなかったし。バランスって難しいものね。自分の体でさえそうなんだから、犬の健康のコントロールは難しくて当たり前。結局は愛ゆえのことだからどっちにしても許してもらうしかないよね。ごめんね、うぃるち。
投稿者:TAMA
☆シナモンさん、
そうですね。確かにクッキーは手のかからない子でした…でも最期の頃はクッキーよりもうぃるちの方がずっと親孝行だったかな。。。
苦労は忘れちゃいますね。いい思い出ばかりです。
投稿者:chie
うぃるくんほんと優しくなってなんだかコーギーみたいね(笑)

こないだ美容院で半泣きになってる人が居て、
愛犬を亡くしたばかりでね、健康のために人間の食べ物はあげないでドッグフードだけですごく長生きしたんだけど、好きな物を好きなだけ食べさせてあげたかった・・・って泣くの。
でね、うちの猫はマグロや牛の赤身やアイスクリームまで食べさせて太らせたのが病気の原因で、
ゴメンね食べさせちゃってって思ってたんだけど、
どっちにしても泣くんだねーーって思ったよ。
投稿者:シナモン
噛み噛みで、やんちゃで、苦労していらしたようでしたが・・・クッキー君が紳士すぎたのかもしれませんね。 
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ