合衆国の片隅で

アメリカ中西部暮らし、ホワイトコリーのいっぽを迎えて2人と2頭になりました。

 

画像の無断転載はご遠慮下さい。
     
 
合衆国の片隅で 旧館(2004年7月〜2006年2月14日)」はコチラ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

カレンダー

2020年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お知らせ その他

QRコード

メッセージBOX

パスワードはkatasumi3 

拍手ランキング

1位 たべものいろいろ
6拍手
2位 今年はちゃんとバラの剪定
1拍手
3位 シイタケを育ててみました。
1拍手
4位 新しい柚子の木
1拍手
7/30〜8/6までのランキング結果です。

 

2001年。9.11から1ヶ月。米軍の報復攻撃が始まった頃、当時、それぞれ11歳、10歳、7歳の子どもたちを連れてガラガラの飛行機でアメリカに到着しました。今では、子どもたちは全員独立。ニンゲンは夫婦2人になりました。 2002に迎えたコリーのクッキーは12年我が家の中心で活躍したあと、虹の橋へと旅立ちました。2004年、パピーミルの悲惨な環境からレスキューされたHopeは縁あって我が家のプリンセスになりましたが、2年7ヶ月後お空へ。その後レスキューされて来たシェルティの元?問題犬うぃるちことWillと、2013年にやはりパピーミルで使われていた被虐待犬のいっぽと暮らしています。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TAMA
☆chieさん
ワニは意外と大きくてびっくりでした。
google3Dってやつ。スマホのグーグルでワニって検索するとview in 3Dっていうのが出るのね。それを押すと目の前に突然動物が現れる。すごく面白いです。
今日もリスはしっぽをぶるんぶるん。あの尻尾の中が鉛筆よりも細いなんてね。
そう、アライグマは病気を持っていることもあるらしいから気をつけて。それに凶暴だし、まああまりかわいいものじゃないらしく。
ピーナッツリースがバラのため?そこのとこちょっと聞きたい。
投稿者:TAMA
☆シナモンさん
うちも欲しいと思ってから実現するまで何故か10年くらいかかっちゃったのですが、こんなに楽しいならもっと前からやればよかったと思ってますよ。でもすごい勢いでエサがなくなるから交換係のオットは大変そうです。
派手な子が来ると嬉しいけど、地味は地味で味わいがあります。
投稿者:chie
え?最後の奴なに?合成写真・・よね。よね?
ミーアキャットみたいのもよね。ね。
それにしても沢山小動物や鳥が来て楽しそう。
(とくにたびい)
シマリスは尾っぽが可愛いな。
見飽きないでしょう?
(とくにたびい)

うちはバラの為に吊るしたピーナッツリースのおかげで(バラはもうないけど)一日中シジュウカラが来ます。くちばしの横がまだ黄色い子供シジュウカラが部屋の中まで入って来てテーブルのピーナッツをついばむのが無動物の家の唯一の慰めです。
アライグマも一度だけ見かけました。
「ラスカル!!」と喜んだけどこいつは顔に似合わず凶暴だとか。
まぁ野生動物は何を持ってるか解らないから手を出さないことですね。
たびいみたいに見てるだけ―悔しい!が一番デス。

投稿者:シナモン
うちも子鳥の餌箱を置こうかと思ったのですが、適当な軒先もなく、木の枝もなく、前庭に炊飯器の底に残った飯粒を撒くにとどまっています。

雀や四十雀が来るのですが、キジバトも来る時があります・・・チップマンクなら可愛いけど、このところ、ハクビシンが徘徊して、どうも子供を連れているということで、この間猫が怒っていました。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ