合衆国の片隅で

アメリカ中西部暮らし、ホワイトコリーのいっぽを迎えて2人と2頭になりました。

 

画像の無断転載はご遠慮下さい。
     
 
合衆国の片隅で 旧館(2004年7月〜2006年2月14日)」はコチラ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

カレンダー

2021年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お知らせ その他

QRコード

メッセージBOX

パスワードはkatasumi3 

拍手ランキング

過去1週間の間に拍手はありません。

 

2001年。9.11から1ヶ月。米軍の報復攻撃が始まった頃、当時、それぞれ11歳、10歳、7歳の子どもたちを連れてガラガラの飛行機でアメリカに到着しました。今では、子どもたちは全員独立。ニンゲンは夫婦2人になりました。 2002に迎えたコリーのクッキーは12年我が家の中心で活躍したあと、虹の橋へと旅立ちました。2004年、パピーミルの悲惨な環境からレスキューされたHopeは縁あって我が家のプリンセスになりましたが、2年7ヶ月後お空へ。その後レスキューされて来たシェルティの元?問題犬うぃるちことWillと、2013年にやはりパピーミルで使われていた被虐待犬のいっぽと暮らしています。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TAMA
☆みかさん
そうですねえ。ある意味戦いですが、うちは職業じゃないので、ゆるく、お互いの豊かな食生活を目指そうじゃないか!くらいにやってるんです。本当は。でもちょっとやられすぎになってくるのである程度は防御している、という感じですね。
浮く食費っていうのはそれほどないかもしれませんが、手に入らない日本の野菜しか作っていないので、食べられるだけで幸せです。
投稿者:みか
畑をする、っていうのも、本当に動物たちとの戦いなのですね。
子鹿物語を思い出しました。
農業って、やっぱり、野生動物たちを悪い子扱いしないと成り立たない、シビアな生業なんですねえ……。
でも、いつもそばに取れたての野菜があるって、うらやましいです。
種代や苗代と野菜が手に入ることで浮く食費、どっちがどうなんでしょう。
ところで、ニンニクのこぶ、初めて見ました。こういうふうにして殖える植物だったのですね。
投稿者:TAMA
☆シナモンさん
先方は命がかかっているのだから…とはいえ、あまりにもえげつなく、まるでさるかに合戦のサルみたいなので、ねずみ返しのつもりで、犬のエリザベスカラーを木に付けてみたんですが、なんの効果もありませんでした。。。
投稿者:シナモン
我が家の北隣のお宅、今までほったらかしだった庭を退職した御主人がせっせと手入れされて美しくなりました・・・がしかし、せっかく植えたトウモロコシ、見事に毎朝熟したものからいつの間に近くの森に棲み着いたリスが電線伝いにやってきて、見事に全部食べられてしまいました。

かなわん
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ