合衆国の片隅で

アメリカ中西部暮らし、コリー1頭ネコ1匹人間2人になりました。

 

画像の無断転載はご遠慮下さい。
     
 
合衆国の片隅で 旧館(2004年7月〜2006年2月14日)」はコチラ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

カレンダー

2022年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お知らせ その他

QRコード

メッセージBOX

パスワードはkatasumi3 

拍手ランキング

1位 プロフィール更新
1拍手
5/7〜5/14までのランキング結果です。

 

2001年。9.11から1ヶ月、米軍の報復攻撃が始まった頃、当時11歳、10歳、7歳だった子どもたちを連れてガラガラの飛行機でアメリカに到着しました。今では、子どもたちは全員独立。ニンゲンは夫婦2人になりました。 2002に迎えたコリーのクッキーは12年我が家の中心で活躍したあと、虹の橋へと旅立ちました。2004年、パピーミルの悲惨な環境からレスキューされたHopeは縁あって我が家のプリンセスになりましたが、2年7ヶ月後お空へ。その後レスキューされて来たシェルティの元?問題犬うぃるちことWillも2020年1月に天使に昇格。2016年3月からホワイトコリーのいっぽ、2019年5月からネコのたびぃが家族に加わっています。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:AI
今、初めてHopeちゃんがレスキューされた時の記事を読みました。胸が痛くなって涙が出てきました。

ドイツでは犬を飼う場合犬の人権(?)を守る為に、犬のための数坪の土地の証明が必要だったり、車にの乗る時のシートベルト着用等が法律化されている、ということがテレビで紹介されていました。
犬を人間と同じように大切にしていこうという気持ちが伝わってきました。
無抵抗な力のないものへの虐待は本当に許せません。

Hopeちゃんの幸せそうなその後の姿が救いです。

投稿者:TAMA
★コリーさん、
レスキューされたのはHopeさんだけなんですが、実はクッキーもどうやらパピーミルの出身らしいのです…少なくとも私たちがブリーダーだと思っていたクッキーの元オーナーは何頭もの売れ残りコリーをレスキューに持ち込んでいる悪質ブリーダーだったらしく…私たちもクッキーを「買った」ことでパピーミルを助ける一端を担ってしまったことになるようです。全く無知の罪でした。

ショーのことは【全く】わからないので、コリー関係のサイトを見てもちんぷんかんぷんなことが多いのはそういうわけですか(笑)。それさえもわかってませんでした。ま、クッキーなんてサイズ的にショードッグとしては終わってるし、Hopeさんなんか血統書もないし(どこかにあるんだろうけれど)第一顔が「コリーの理想の形」のお手本と外れすぎてておかしくなっちゃうくらい。可愛いけど、「理想的なコリー顔」とはかけ離れてます。

写真のup、他、今日は書きたいこともたっくさんあったのに時間切れでした。明日は書けるといいけど。



http://navy.ap.teacup.com/katasumi3/
投稿者:TAMA
★タマさん、
悲しいことに、それがわかっている人達は捨てたりしないし、わかっていない人達は気にも留めない…やっぱりいたちごっこですが、昨今のネット事情で「無知の罪」による悲劇は少しずつ減っていくんじゃないかと期待してます。

http://navy.ap.teacup.com/katasumi3/
投稿者:TAMA
★ゆかさん、
Hopeの例のETみたいに剃られた写真も持っていったんです。レスキュー当時はこんな姿でしたって。もっともそういうところに来るような人はみんなもうパピーミルのことを知っているので大した力にはなりませんが…

バセットレスキューやリトリバーレスキューは賑わっていたけどコリーはやっぱり…(笑)

警察犬と言っても犯人にアタックしたりする役はベルジアン・シェパードがやってました。コリーたちはレスキュー&サーチドッグでした。それに片方のコリーはスムースだったの!

http://navy.ap.teacup.com/katasumi3/
投稿者:TAMA
★シナモンさん、
クッキーは興奮してしまってもうあっちへウロウロこっちへウロウロ。やはりどっしりと構えたHopeさんが看板犬でした。
こちらだとレスキューは本当に一般的なので大型犬でもレスキューの方が多いくらいなんです。それでも無責任に産ませてはシェルターに持ち込む飼い主もたくさん…いたちごっこです。

http://navy.ap.teacup.com/katasumi3/
投稿者:TAMA
★マキチャンズさん、
こちらではレスキューがごくごく普通で、ドッグパークで出会う犬の半分以上はシェルターからのレスキュー犬じゃないかと思うくらいです。日本も今度の事件をきっかけに少し意識が変わるといいですね。

ラッシーはうちの街では1〜2カ所しかやっているところがなくて、結局見に行けませんでした。そのうち2ドル劇場にかかったら行こうと思っていますが…辛いんですよね、ラッシーシリーズって。どれもこれも「よくもコリーをそんなにいじめたな!」って怒り狂って悲しくなってしまうのであまり見たくないのが本音かも。今回のは「家路」のリメイクなのでまた辛いシーンがいっぱいあるはずです…(涙)(でも、戦争中に公開されたSon of Lassieなんかもっとずっとひどかったんです)
コリーは一度ラッシーブームで懲りていますから心ある愛好家たちがブームは阻止してくれるんじゃないかなと楽観視しています。

http://navy.ap.teacup.com/katasumi3/
投稿者:コリー
写真楽しみにしてますねー。
ほぷさんにもくきさんにも、つらい過去が・・(;;
コリー専門のレスキューですか。日本にもあればいいのに。日本にあるのはドッグショードッグショードッグショーとなんとかの一つ覚えのコリークラブだけです。

http://blog.livedoor.jp/elipa/
投稿者:タマ
本当にペットに関しては問題山積みですね。
最後まで責任を持てない人は飼う資格なし!!
こちらの田舎でも悲しくなる話がよくあります・・

http://tamanokurashi.jugem.jp/
投稿者:ゆか
こんにちは。当方へのコメントありがとうございました<m(__)m>

Hopeちゃん、本当にいい看板犬ですよね。こんなに幸せになりましたーって感じで。
クッキー君のほうもどかん・・と存在感がありますね。こういうチャリティーがあるんですね。
アダプト候補犬たちが、幸せになれますように。

あと・・・警察犬にコリーがいるって知りませんでした。長毛だから、あとのトリミングが大変そうって思うのは、邪道?(笑)
投稿者:シナモン
Hopeちゃん、今が幸せで良かったと思います。
なかなか大型犬をレスキューしてくれる人は少ないでしょうし・・・

ふたりとも看板犬のお勤めご苦労様!
クッキー君、自分が看板犬になっていることにもしかしたら気がついていないみたい(^o^)

http://blogs.yahoo.co.jp/miiyapie1996
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ