合衆国の片隅で

アメリカ中西部暮らし、コリー1頭ネコ1匹人間2人になりました。

 

画像の無断転載はご遠慮下さい。
     
 
合衆国の片隅で 旧館(2004年7月〜2006年2月14日)」はコチラ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

カレンダー

2022年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お知らせ その他

QRコード

メッセージBOX

パスワードはkatasumi3 

拍手ランキング

1位 プロフィール更新
1拍手
5/7〜5/14までのランキング結果です。

 

2001年。9.11から1ヶ月、米軍の報復攻撃が始まった頃、当時11歳、10歳、7歳だった子どもたちを連れてガラガラの飛行機でアメリカに到着しました。今では、子どもたちは全員独立。ニンゲンは夫婦2人になりました。 2002に迎えたコリーのクッキーは12年我が家の中心で活躍したあと、虹の橋へと旅立ちました。2004年、パピーミルの悲惨な環境からレスキューされたHopeは縁あって我が家のプリンセスになりましたが、2年7ヶ月後お空へ。その後レスキューされて来たシェルティの元?問題犬うぃるちことWillも2020年1月に天使に昇格。2016年3月からホワイトコリーのいっぽ、2019年5月からネコのたびぃが家族に加わっています。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TAMA@合衆国の片隅
★もーさん、
発達障害というのは状態の総称であって、病名ではないですよね。
おそらく今回のケースもあてはまることでしょうが、問題はそういう障害を持った子どもを、どうやって療育していくかということですが、今回のケースのように、万が一早期発見できていたとしても、言語やマルチカルチャーの問題が絡んでくると対応は本当に難しいと思うんですよ。でも大学側も他の教育機関も一層予防に力を入れるようになってくれるといいと思っています。

http://navy.ap.teacup.com/katasumi3/
投稿者:もー
何にでも新たな病名をつけて、起きた悲劇を「病気のせい」と言うの、私は嫌なんですけど...

昨日たまたま「発達障害」を取り上げた番組を見ました。
発達障害というのは脳機能障害の一種で、必ずしも知的障害を伴いません。

共通に見られる症状として「人間関係が上手く結べない」のだそうです。
もしかしたら、この犯人も発達障害が故に、周りの人々への怨嗟が爆発した結果なのかも、と思いました。

日本で起きた、出身小学校を襲撃して2人を殺害した17歳の少年、自宅に放火した医師家庭の少年も、小学6年生の某新聞社勤務の娘さんの首を切りつけて殺した同級生も、みな発達障害と認定されているそうです。
投稿者:TAMA
★たかこさん、
もし良かったら、CNNのサイトからインタビューをご覧になってみてください。きっともっと伝わるものがあると思います。この後、さらに多くの遺族がカメラを通じて亡くしたお子さんへの思いを語っています。一人一人がかけがえのない命だったのだと強く訴えかけてきます。

http://navy.ap.teacup.com/katasumi3/
投稿者:たかこ
この事件の報道を聞いてから初めてあなたのコメントを読んで涙が出ました。日本では今日も発砲事件がありましたがまだまだ銃の怖さは他人事のような気がします。
でも残された家族の生き残った学生の様子をココで初めて知りました。
投稿者:TAMA
★コメントのお返事を兼ねて、今日の記事を書きました。良かったらそちらを読んでみてください。
いつまでも落ち込んでいるわけにはいかないから、前向きにならなくては。

http://navy.ap.teacup.com/katasumi3/
投稿者:シナモン
犯人については、個人的な資質に由来するものなのか、そうでないのかと気になっています。
中国生まれ中国育ちで現在日本在住の韓国人学者の[島国根性半島根性大陸根性」という本を読んだばかりでしたので。

また、犠牲となられた方々、ご遺族については、お気の毒としか申し上げようがありませんが、ご冥福をお祈り申し上げます。
正に一期一会、今までも心していたつもりですが、これからも忘れないようにしようと改めて感じました。

投稿者:たいゆう
犠牲者という大きな意味で言うならば、私たち家族も犠牲者という類です。だからこういう無差別的な加害者の一方的な思い込みによる被害による犠牲者やその家族の気持ちが、よくよく理解できます。自分たちのことと重なってしまいます。本当に『神様は時々理解しがたいことを我々に与える』と思います。

犠牲になられた方の冥福と、家族の方々の健康をお祈りします。
投稿者:kemekeme
そうです、ハロウィンの間違いでした。
これに関しては、お返事なしで、いいですからね♪



http://www7a.biglobe.ne.jp/~keme
投稿者:africa
実はこの記事を読んで真っ先にTAMAさんがどう反応するんだろうと思っていました。
その前に大学見学の記事を読んで、コメントしようと思ってた矢先だったから。TAMAさんが実際どこに住まわれてるのか知らないだけに、ちょっと心配してました。
撃たれた教授がホロコーストの生き残りということも含め、胸の詰まる気持ちで記事を読みました。
アメリカの教育の素晴らしさを、こちらで知れば知るほど、なぜ守られ、恵まれた環境で育つはずなのに、こんな凶悪な人間も出てくるのかと思います。
どこから歯車が狂うのか。
けれど、やはり同時に、なぜあくまで銃の所持を法で守り続けるのかも、やはり不思議です。どうしてなのですか?
確かに規制してもこういう事件は起こるけれど、それでも無差別殺人を一瞬にして起こすことを規制はできる。だけれど、銃を規制しようとする街の方が法律違反で訴えられると読みましたが、そこら辺が理解できないのです。
そして、これを機にアジア系の人達への不審感が広まらないことを祈るばかりです。
犠牲者の冥福を心よりお祈りいたします。
投稿者:虹のパパ黒山羊
私の田舎は浄土真宗の濃い地域で、小さな頃からお葬式に行くと聞いていた「朝(あした)には紅顔なれど、夕べには白骨となれり…」のお経(正確にはお経ではないのですが)を思い浮かべました。
私もご縁あって家族を持つ身となりましたが、一番恐れているのは「平穏な家族の日々が壊されること」になっています。平々凡々の日々が実は一番貴重なのだと、しかし運命というものは皮肉なもので「朝には元気でいた者が夕方には白骨となってしまう(ようなことが起こるので、この瞬間を大切に生きなくてはならない)」という教えです。
宗教というものは、教えの方法や手順こそ違え、ある種「人間が生きていくための神髄」なのでしょうから、その奥義には大差はありますまい。

こういう惨劇が起こったとき、人は最期には「宗教」つまり「人知を超えた存在」にすがるしかないのだと想います。

                  合掌
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ