合衆国の片隅で

アメリカ中西部暮らし、コリー1頭ネコ1匹人間2人になりました。

 

画像の無断転載はご遠慮下さい。
     
 
合衆国の片隅で 旧館(2004年7月〜2006年2月14日)」はコチラ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

カレンダー

2022年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お知らせ その他

QRコード

メッセージBOX

パスワードはkatasumi3 

拍手ランキング

1位 プロフィール更新
1拍手
5/7〜5/14までのランキング結果です。

 

2001年。9.11から1ヶ月、米軍の報復攻撃が始まった頃、当時11歳、10歳、7歳だった子どもたちを連れてガラガラの飛行機でアメリカに到着しました。今では、子どもたちは全員独立。ニンゲンは夫婦2人になりました。 2002に迎えたコリーのクッキーは12年我が家の中心で活躍したあと、虹の橋へと旅立ちました。2004年、パピーミルの悲惨な環境からレスキューされたHopeは縁あって我が家のプリンセスになりましたが、2年7ヶ月後お空へ。その後レスキューされて来たシェルティの元?問題犬うぃるちことWillも2020年1月に天使に昇格。2016年3月からホワイトコリーのいっぽ、2019年5月からネコのたびぃが家族に加わっています。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事にはコメントを投稿できません
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TAMA
☆kopiさん、

はじめまして。そうですよね。原発のおかげで職ができたり、賑わったりしてきた町が日本中にたくさんあるわけですから、反対というのも難しいですよね。
でも、たぶんそれは時代のせいではなく、こんな事故が起きていなかったらずっと続いていたことだったのだと思います。これで意識は変わるでしょうけれど、原発をやめればすべて解決する問題でもないのですよね。考え続けることは辛いですね。
投稿者:kopi
はじめまして。
「パエトーン」検索して辿りつきました。

いやぁコワイですね。
原発反対って声高に叫べない時代。
宜しければ是非、トラックバックさせていただけませんか?
こんな時代だったんだと。

私もブログをやっておりますのでご覧頂ければ幸いです。

http://blogs.yahoo.co.jp/chiharu_kopi
投稿者:TAMA
☆RENAさん、
はじめまして!ようこそいらっしゃいました。
あっ!誤解です!うぃるちはコリーじゃありません。シェルティなんです。体重20kg超ですが、シェルティなんです。レスキューされた当時はやせ衰えて傷だらけだったこともあって、よくわからなかったようなのですが、その後、元気になった姿を見て、そのときのトレーナーが、「最初コリーって思ったけど大間違いだった。これは100%ノー・コリーだわ!」って訂正してました。
コリーは基本的に温和な犬種だと思います。どうぞそのままコリーに憧れてください。でも、ラッシーシリーズでも怒ったラッシーは案外怖かったりしますよね(笑)。

http://navy.ap.teacup.com/katasumi3/
投稿者:RENA
はじめまして。
コリーに憧れているレナと申します。ラッシー世代です。でも、現実はダックスと住んでます。
コリーって温和な犬種のイメージでしたから。TAMAさんとこへ来て、苦労されて、努力されて、少しずつ温和になってくWill君の記事に目が離せません。
応援しています。
投稿者:TAMA
☆西の星さん、
はじめまして。ようこそおいでくださいました。
そうですね。確かに犬とは一生のおつき合いです。ただ、私は次にまた犬を迎える自信が今はありません。クッキーが中年を迎え、もう折り返し地点を越えたのかと思うと気が重くなります…この先また気持ちは変わって新しく犬と暮らしたいという日が来るかもしれませんが、今はいつかHopeと再会できる日だけを心待ちにしています。それまでに精々徳を積んでおかなければなりませんね。

我がオットは、娘2号が4歳の時点で、口では勝てなくなりました。以来小姑のままです。
投稿者:西の星
初めて御伺いします。ミルキーさんのリンクで御見かけして、御伺いしました。
西の星と申します。
ワン達は良いですね〜、一生の付き合いが出来ますね。
わたしは、幾度と無く別れてきました。
亡くなった母がその度に話してくれました。
”死んで行く犬達は可愛がり、一生を見てくれた飼い主に何かが起きる時恩返しに身代わりに旅たつんだよ”
犬達が亡くなるたびに言っていました、4ヶ月で亡くなった犬も入れば10年以上生きた犬もいました。
愛する者達との別れは何時かは来るのでしょうが。
家内が亡くなった時は家内が残して行ってくれた子供達(私の場合はミホとライラ)が落ち込んで何も出来なかった私を癒してくれました。そんなミホも去年13歳で亡くなりましたがミホが一番好きだった家内の所ですから安心です。
ライラも今年12歳、この子はまだまだ長生きしてほしいと思っています。
ついつい下らない話を書いてしまいましたが私のHPに遊びに来て下さい。
私の子供4匹と娘の子供1匹、合わせて5匹のコリーと暮らしている”西の星”HPに是非来て下さい。(人間の娘も二人いるんですが、最近小姑のように五月蝿い娘達です)

http://www.h7.dion.ne.jp/~w.s.h/
投稿者:TAMA
☆ぴろさん、
はじめまして〜!ようこそいらっしゃいました!2001年から中西部で、娘さん2人、ストリングスだなんて、すごい共通点ですね。実は役に立つような情報はほとんどないヘナチョコブログなのですが、今後ともよろしくお願いします!
投稿者:ぴろ
はじめまして☆
TAMAさんのブログにはまってしまいました、ぴろと言います。
2001年に中西部に越してきて、娘が二人、それぞれバイオリンとチェロを学校のオーケストラで習っています。(これってTAMAさんとの共通点ですよね?!)
きっとうちの娘たちもたどるであろうアメリカの学校生活のことが色々と書かれていて、ものすごく役に立ちそうなブログ!!ということで、既にお気に入りに登録させてもらっています。
今後もちょこちょこ覗かせてくださいね♪
投稿者:TAMA
☆相互リンクご希望の方

せっかくですが、リンクは管理がしきれないので、ほとんど凍結させていただいています。ご期待に添えず申し訳ありません。
投稿者:プロの中華料理人が教える家庭的なヘルシーレシピ

相互リンク依頼

もしよろしければ相互リンクしていただけないでしょう??

私の方は下記のサイトに貼り付けてありますので
ご確認下さい。

http://1ryourisougorinnku.sblo.jp/

<a href="http://1ryouri.sblo.jp/" target="_blank">プロの中華料理人が教える家庭的なヘルシーレシピ</a>
もしよろしければコピ・ペーストでいいので上記を貼り付けて下さい。

http://1ryouri.sblo.jp/
1|2345
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ