合衆国の片隅で

アメリカ中西部暮らし、コリー1頭ネコ1匹人間2人になりました。

 

画像の無断転載はご遠慮下さい。
     
 
合衆国の片隅で 旧館(2004年7月〜2006年2月14日)」はコチラ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

カレンダー

2022年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お知らせ その他

QRコード

メッセージBOX

パスワードはkatasumi3 

拍手ランキング

1位 プロフィール更新
1拍手
5/7〜5/14までのランキング結果です。

 

2001年。9.11から1ヶ月、米軍の報復攻撃が始まった頃、当時11歳、10歳、7歳だった子どもたちを連れてガラガラの飛行機でアメリカに到着しました。今では、子どもたちは全員独立。ニンゲンは夫婦2人になりました。 2002に迎えたコリーのクッキーは12年我が家の中心で活躍したあと、虹の橋へと旅立ちました。2004年、パピーミルの悲惨な環境からレスキューされたHopeは縁あって我が家のプリンセスになりましたが、2年7ヶ月後お空へ。その後レスキューされて来たシェルティの元?問題犬うぃるちことWillも2020年1月に天使に昇格。2016年3月からホワイトコリーのいっぽ、2019年5月からネコのたびぃが家族に加わっています。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TAMA@合衆国の片隅
★シナモンさん、
ほんとに。寿命がどれだけあっても足りませんって感じでした。本人の方がずっとずっと辛いはずなんですけど、文句一つ言わないし。してあげられることもないし。ひたすらオロオロしてました。

http://navy.ap.teacup.com/katasumi3/
投稿者:TAMA@合衆国の片隅
★lizzycoさん、
驚きました。見た瞬間、時間が止まりましたよ。でもそんな中でも本人のほぷさんは淡々と、自分のやるべきことをきちんとするだけ。騒ぐでもなく、悲観するでもなく。本当にお手本ですね。とは言っても未熟者の私はいつまで経ってもほぷちゃんの境地に達するわけもなく、毎回オロオロガタガタブルブルとパニックになりつづけるに決まっているのです。困ったもんです。
今回、診察室を出た瞬間、ロビーにいたおばさまに「んっまーーぁっ!可愛い!なんて可愛いの!こんな可愛い子が一体どうしたの?まあっ!下痢と嘔吐?可哀想にっ!それにしても可愛いわ。パーフェクトだわ。なんて美しいんでしょう。まあまあまあ!」と叫ばれ、バババカの私としたことが照れて逃げ帰ってしまいました。


http://navy.ap.teacup.com/katasumi3/
投稿者:TAMA@合衆国の片隅
★づみさん、
結局、確かな原因はわからずじまいでした。
こういうことがあると新しい薬を試すのも怖いです。でもこのままでは歩けなくなってしまいそうだし。
どうしたらいいんでしょうね。

http://navy.ap.teacup.com/katasumi3/
投稿者:TAMA@合衆国の片隅
★えくぼママさん、
怖かったです。ラマディルは抗炎症剤です。副作用の少ない画期的な薬として多くの犬たちが恩恵にあずかっているのですが、それでも副作用で死んでしまう子たちも後を絶たないわけで。実際、コリーレスキューのスタッフさんの中でも賛否両論、どちらの意見を聞いたらいいのやら…ということもありました。
他の薬を試すにしても、またこんなことがおきたら、その分健康を害するのではないかと躊躇してしまいます。

http://navy.ap.teacup.com/katasumi3/
投稿者:TAMA@合衆国の片隅
★るなさん、
どうもありがとうございます。そうですよね。動物には教えられることがたくさんあります。辛くても愚痴りもせず、じっと体力温存して耐えてますよね。健気です。人間の方がオロオロしてちゃダメなんですよねえ。反省。

http://navy.ap.teacup.com/katasumi3/
投稿者:TAMA@合衆国の片隅
★たいゆうさん、
とにかく食欲が戻ったので安心しています。でも問題はこれからの治療。あの薬がダメとなったらまた新しいのを試すことになるのでしょうが…不安です。

http://navy.ap.teacup.com/katasumi3/
投稿者:TAMA@合衆国の片隅
★エル母さん、
お久しぶりです!
情報ありがとうございました。実は鍼も少し考えてはいるんです。心当たりもあります。
…ただ、自分のバセの時もいくつか西洋医学以外のものを試して結局全然ダメだったというのがあって、どうしても西洋医学に頼るのが一番無難かな、という洗脳(笑)にはまっちゃってるんですよね。
だけど今回のことで副作用の恐ろしさがますます身にしみたのでもう少しドクターと相談して、サプリで様子を見て、次の手段は鍼かもしれません。自分のことよりも判断には気を遣いますね。

http://navy.ap.teacup.com/katasumi3/
投稿者:TAMA@合衆国の片隅
★はなさん、
お尻はすぐ輪ゴムで「みつわけ」にしたので被害は少なかったです。今回は悪い想像ばかりしてしまって精神的にきつかったですが。
日立にうさぎ専門の獣医さんがあるんですね。知らなかった〜!獣医の世界も競争が激しくて、近頃は小動物の専門に分化しないと開業できない傾向にあるとか。患畜側にとってはありがたいですね。
はなちゃん、良くなりますように。(ウサギのおしっこは濁ってないといけないのね。メモメモ)


http://navy.ap.teacup.com/katasumi3/
投稿者:シナモン
たいへんなことでしたね。
回復してくれると良いけど・・・
投稿者:lizzyco
血便、その見た目に驚きますね。
嘔吐もその苦し気な有様に驚きます。
どうやら、お薬の副作用から来るものらしくてちょっと安心しました。
そういう辛い状態の中、病院できちんと立っているホプちゃんを見ると、いや、本当に生きて行く事のお手本を見させて頂いているように思え、心が謙ります。
そのホプちゃん抱っこバッグが、それにしても、超キュートです。本当にどこに居ても、どんな状態でも、どういう顔していても、愛らしいホプさんです。
とにかく、ホプさんが楽になる最善最速の方法が見つかるように祈っています。
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ