合衆国の片隅で

アメリカ中西部暮らし、コリー1頭ネコ1匹人間2人になりました。

 

画像の無断転載はご遠慮下さい。
     
 
合衆国の片隅で 旧館(2004年7月〜2006年2月14日)」はコチラ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

カレンダー

2022年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お知らせ その他

QRコード

メッセージBOX

パスワードはkatasumi3 

拍手ランキング

1位 プロフィール更新
1拍手
5/7〜5/14までのランキング結果です。

 

2001年。9.11から1ヶ月、米軍の報復攻撃が始まった頃、当時11歳、10歳、7歳だった子どもたちを連れてガラガラの飛行機でアメリカに到着しました。今では、子どもたちは全員独立。ニンゲンは夫婦2人になりました。 2002に迎えたコリーのクッキーは12年我が家の中心で活躍したあと、虹の橋へと旅立ちました。2004年、パピーミルの悲惨な環境からレスキューされたHopeは縁あって我が家のプリンセスになりましたが、2年7ヶ月後お空へ。その後レスキューされて来たシェルティの元?問題犬うぃるちことWillも2020年1月に天使に昇格。2016年3月からホワイトコリーのいっぽ、2019年5月からネコのたびぃが家族に加わっています。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TAMA@合衆国の片隅
☆まとめコメントにて失礼します その3☆

★遙かなるヤマの呼び声さん、
写真、オットはともかくとして、みなさん良い表情していらっしゃるし、だんだん極限に近づいていく変化も見られるし、面白かったですよ。

★シナモンさん、
日本人は、海外在住の数名を含め100名ちょっとだったみたいです。日本の公式サイトのようなところから見るとかなり詳しい状況がわかったのですが、リンクを貼ってよいものやらわからなかったので…

★たいゆうさん、
あの雰囲気は…面白いです…<と言うにとどめておきますが…
一種のお祭り騒ぎの高揚感というか、独特なんですよ。参加する気はさらさらありませんが、見るのは大好きです。

★結さん、
そうでした〜、結さんに聞けばよかったのですね、最初から。そう、スタート・ゴールはベルサイユ宮殿のあたりなのです。電車が工事中で駅が使えないとかで右往左往していました。

★ちろこさん、
そうなんです。あの平均年齢の高い集団がすっかり子どもになっちゃうんですよ。ロッキーでも、バンクーバーでもその雰囲気が楽しくて。

★ひらまつさん、
ありがとうございました〜。私も今から寝不足解消しなくては。

http://navy.ap.teacup.com/katasumi3/
投稿者:TAMA@合衆国の片隅
★ひらまつさん、(ふたたび、他の皆様すみませんっ!お返事はのちほど!)
ありがとうございました〜。しかし、我が家のメインPCではなぜか開けません。やっぱりここだったのか〜。高低差だけは見られましたが、地図と照らし合わせないと半分も楽しくないですねえ。

http://navy.ap.teacup.com/katasumi3/
投稿者:ひらまつ
地図は、例えば上の「Tracking」画面の左メニューで
「Stage...」を選べばそのStageの地図や高低差が出ます。ちと重いですけど。
早く見ないとゴールしちゃいますよ(笑)。
投稿者:TAMA@合衆国の片隅
★結さんっ!(他の皆さんすみませーん)
公式サイトのどこに地図があるのですかっ!?どうしても見つけられずに苦労してます。教えてくださーい!

http://navy.ap.teacup.com/katasumi3/
投稿者:ちろこ
本当に心の底から楽しそうなイイ顔してますよね、
あまりにも純粋にキレイな表情だったので私は「ハッ」として釘付けになりました。
過酷な状況を乗り越えた先の達成感、充実感、満足感を知っているからこそ皆あのような楽しそうな表情で限界に挑戦しながら漕げるんですね。少年のような表情したおじいさま達がカッコいい。
投稿者:結
公式サイト、楽しみましたー!!!
といっても、皆さんとは全く別の視点であります。
どんなルートなのかなー、と思って地図を見たら、まずこの地図のデザインが「フランス風」(欧風?)で懐かしいです。それからルートを確認したら、ブルターニュの端っこまで行って戻ってくるではないですか!昔々ブルターニュ旅行をしたときの記憶が戻ってきてこれまた懐かしいです。
とどめは、スタートとゴールがパリのどこらへんかなーと見てみると!ベルサイユの近くだ!!!夢中で地図を拡大していくと”Versailles”の文字の少し下の方に”Jouy-en−Josas”の文字が確認できました。私が10歳のときに住んでいた村です。堪能させていただきました〜〜〜〜。ありがとうございました。
投稿者:たいゆう
見て参りました。オット様は見つけられませんでしたが、みんな自転車マニアックなんだろうなーと感心してしまいました。

http://silver.ap.teacup.com/thelittlehouse/
投稿者:シナモン
折り返しに入ったのですね。
苗字しかわかりませんでしたけど、分かったということは、アジア人の参加者は少ないのでしょう。
がんばれ!
投稿者:遙かなるヤマの呼び声
いよいよ折り返しですね。写真はさすがに見つけられませんでした。

一万ドル、私もほひい〜。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ